US OPEN女子ハーフパイプ速報!女王ケリーが優勝!!

LINEで送る
Pocket

スノーボードの大会でも最も長いヒストリーを持つ、Burton US Open。

スノーボード界の父、ジェイク・バートンが見守る中、先ほど女子ハーフパイプが終わった。

優勝したのは、ハーフパイプの女王ケリー・クラーク。力強いライディングは、今日も光っていた。
2位に入ったクロイ・キムは、ケリーにも負けないような高いフロントサイド1080と、テクニカルなバックサイドでのスピンなどで牙城に迫ったが、一歩及ばす。しかし、14歳の少女は将来、ハーフパイプ女子界を背負っていく予感がした。

news150308za
(ケリーのビクトリーランの後、抱き合う2位に入ったクロイと3位のアリエル・ゴールド。)

また、日本女子でファイナルに残った大江光が5位入賞と健闘した。

news150308zb
(日本人女子期待の大江も着実に成長している姿を見せた。)

以下、優勝を決めたケリー・クラークのラン。

 

 

 

LINEで送る
Pocket