Signal Snowboardsが新しい試み!Subscribeというビジネスモデル開始!

LINEで送る
Pocket

 

様々なあり得ないボード作りを行って来たSignal SnowboardsのETTシリーズ動画。
今度は、新しい試みでSubscribeというビジネスモデル開始をした!

これはおそらく本国アメリカに限ってのことだが、今後、世界に波状するビジネス・モデルになるかもしれないので、ぜひその内容をチェックしておこう。

Subscribe(サブスクライブ)という英語は、通常、雑誌の定期購読などで使われるので、まさかボードをシーズンを通して乗り放題!?なんて、ちょっと思ったけど、違うんだ。
その内容とは、Signal Snowboards本社に直接、前払いでボードを買うか、Subscribeで12か月分割払いで購入できるということ。

例えば、Signalのモデルの中には、PARKというフリースタイル・ボードがあるのだが、それは一回の支払いだと$399掛かる。だが、Subscribeという方法で12回に分けて購入することもでき、最初の1か月分($35)を払った時点で、もう自分の手元にボードが届くというのだ。
この低価格の分割払いという方法が大きな注目を浴びている。

12か月分割することで、トータル金額は5%ほど割高になるが、最初の1ヶ月だけの支払いでお気に入りのボードが手に入れる魅力がある。
もちろん、12か月分の支払いが済んだ後は、その板は完全に自分のモノとなる。
期間中の故障や返品には、しっかりと対応するとのこと。

だが、12か月の支払い期間中に気に入らなかったということで、返品することはできないし、他のボードに変換することもできない。

また、MODというプログラムに加入することで、期間中2本のボードをそれぞれ1週間にデモ(試乗)することが可能だということだ。
今季の板を乗りながら、来季のボードを考えることもできるのである。

Signal Snowboards大好き!というヘビーユーザーには最適な試みだろうが、果たしてどこまで浸透するか。

 

LINEで送る
Pocket