Sandboxヘルメット 日本人のためのサイズ調整方法

LINEで送る
Pocket

Sandboxヘルメットが誕生した4年前から愛用している佐藤タカシさんから、日本人のためのサイズ調整方法を教えてもらったので、ご紹介しよう。

ちなみにタカシさんは、ウィスラーでインストラクターをしている5年目のベテラン。ウィスラーでレッスンを受けると会えるチャンスがあるよ!

Sandboxヘルメット 日本人のためのサイズ調整方法

ご存じのようにSandboxヘルメットは、豊富なパーツでサイズの微調整ができるようになっています。
しかし、日本人の頭の形は、西洋人の卵型と違って丸型。だから、横が窮屈になって、上下に余裕が出がちです。
そこで、この調整パットを切ってしまって、あえて横に調整パットをしないようにしてしまいます。
パットを切ってしまうなんて、ちょっと抵抗感があるけど、ここはフィット感をアップさせるため、おもいきってやってみてはどうでしょうか?
すると、ピッタリ装着することができますよ。
Sandboxヘルメットをして、もう1つフィットしない方、ぜひお試しください。
これであなたも世界で一番ファッショナブルなヘルメットすることができますよ!

写真左、赤い部分にはパットがない。
写真右、青い部分でカットしているのです。

サンドボックスをかぶって、今日も元気にイントラのタカシさん。これからも応援ヨロシクね!

Sandbox お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@nomisdesign.jp


http://www.sandboxland.com/

 

LINEで送る
Pocket