SandboxからTransworldアジアン・モデルが発売へ!!

LINEで送る
Pocket

日本の代理店の願いが届いた。
日本列島のスキー場で急速に広まっているSandboxヘルメットから、Transworldアジアン・モデルが発売することになった!

news150216e

すでに、Sandboxヘルメットは来季に、世界を代表するスノーボード専門誌、Transworldとのコラボレーションのモデルを発売することを発表していたのだが、それはグローバル・フィットのモデルだけであった。しかし、日本のマーケットでは、アジア人に合う丸型のシェイプが人気が高く、グローバル・フィットでは頭の形が合わない。そこで、日本のSandbox代理店フィールドゲートは、日本マーケットに合うようTransworldアジアン・モデルを要望。それが、遂に実現することになった。

ご存じの通り、今季のSandboxは冬を待たずに完売。
来季のモデルを購入するには、早めの予約が必要だ。
そんな中、大注目のトランズ・モデルがリリースされることになり、来季のSandboxは大きな飛躍のシーズンになりそうだ。

最新Sandboxモデルは、今週、開催されるインタースタイルで紹介される!

 

Sandbox Facebook
https://www.facebook.com/sandboxjapan

Sandboxブランド・ストーリー
Sandboxはカナダのレジェンドライダーとして知られるケビン・サンサローンが立ち上げたフィルムクルーとして発足。
5年前にヘルメット・ブランドを立ち上げ、当時異色であったツバ付きヘルメットをプロデュース。その斬新なデザインで瞬く間に大人気となる。欧米のスノー シーンでは安全面からヘルメットをかぶことがマストという流れが来て、「どうせかぶるならカッコいいヘルメットをかぶりたい。」という思いからファッショ ン性が高いSandboxが強い支持を受けた。
Sandboxのハイセンスなデザインは、キッズから大人まで魅了。そのカッコ良さは、プロ・ライダーのスコッティ・バイン、ニック・ビスコンティ、またXゲームで活躍するジーガー・ベイリーなどを通して世界に発信。
日本でも昨年あたりから急激に人気の火が付き、今、最も熱いスノーブランドの1つだ。

 

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@fieldgate.jp

news131008i
http://www.sandboxland.com/

 

LINEで送る
Pocket