第1回”Ride With Respect”@SNOVA羽島開催レポート

LINEで送る
Pocket

 

この10年で多くの室内ゲレンデが閉鎖していく中、エッジングや滑走面での踏み込み等々きちんと雪面を捉えFreeRideができる環境のSNOVA羽島で、「自分たちの滑走環境を大切に、心地よいものにしよう!」
というコンセプトでシーズンIN前に開催した第1回”Ride With Respect”@SNOVA羽島ですが、本当にたくさんの方に参加いただき楽しんでいただけたと思います。

貸切ならではの滑走ライン、普段はなかなかできない位置で撮影ができたり、なにより”After you!”(お先にどうぞ!)が当たり前にある心地よい雰囲気で滑走してもらえたことが一番でした!


第一回”Ride With Respect”@SNOVA羽島 from WHAGWAAN on Vimeo.

六甲山スノーパーク、六甲山スノーパークバートンスノーボードスクール、GRAMOUROUSの宮川 友幸(MC しょん★べん) さんに軽快なMCを務めてもらい、
SNOVA羽島スタッフ
・山口 剛史
・野村 幸司
そして、アップカマーな若手ライダー達
WHAGWAAN(ワーグワーン)
・坂井 啓壮
[InD’s,Westbeach,Sandbox,DMK]
・奥野 秀基
[Westbeach,sandbox,DMK]
・坂本 翔大(SHOTA)
[パワーズ広島,FLOW]
・相澤 亮
[A-BONY,YONEX]
・相澤 真央
[YONEX]
達がかなり盛り上げてくれてました!
そして参加者さん達のあと一歩を後押しするベテランライダー達。
・古川 亜希子
[FREAK,CAPiTA]
・阿辻 共広(スキーヤー)
[モリヤマスポーツ(本店),K2]
・山本 貴紀
[InD`s,SMITH]
・奥田奈津子 “なっち”
[TK4PRESENTS,ROMP]
・雪野 大樹 “まるりん”
[パワーズ広島,SALOMON]
お疲れ様でした!


滑りで参加者さんを楽しませるだけではなく、ワンポイントレッスンでサポート、時には汗をかきながら自主的にアプローチやバーンの整備など、とてもホスピタリティに溢れた姿勢で参加者さんと向き合っていて自分達の環境を守るというコンセプトの使命も全うしてくれていました。
参加者さんも攻め攻めで、入ったことのないレールを数回のトライで抜いたり、フォーティーオーバーのパパスキーヤーさんが、初めて360メイクしたり…。
もちろんキッズたちも負けてはいませんでした!冬に向けての基礎滑走練習をコツコツがんばる子、初めてBIGキッカーにチャレンジする子、ライダーのアドバイスを受けながら新しいトリックしチャレンジするもメイクならずで悔し涙する子も…。
そして今回、急遽駆けつけてくれた
・武村 ”Jimmy” 萌
[FLOW, B’s East]
・安江 将輝
[3939,JSBA認定プロライダー]
ありがとうございました。

みんな滑りに真剣、でも、みんな周りの参加者を気遣える環境を参加者の皆さんが作り出してくれました。ライダー側も参加者さんが安全に楽しんでくれるよう、一丸となれたイベントでした。
そして、滑走終了後、SALOMON¨team Vacation¨の試写会そして各ライダー達がコンセプトに沿った賞をほぼ皆さんに贈る事ができシーズン前にハードギアからソフトギアまでたくさんの協賛品を持って帰ってもらいました。

来季はよりパワーアップした内容で第2回”Ride With Respect”を同じくSNOVA羽島で開催予定です!ぜひチェックしてみて下さい!!

最後に今回のイベントの様子をWHAGWAANのSHUKIが編集し、動画としてアップしてくれています。普段はライダー活動の一環として、自分たちの滑りを配信している彼らですが、今回参加者の皆さんの滑りをかっこよく編集してくれています。イベントの模様といっしょにWHAGWAANがアップしているスタイリッシュな映像も合わせてチェックして下さい!

 

 

LINEで送る
Pocket