ジェレミー・ジョーンズがロシにさようなら

LINEで送る
Pocket

19年間もロシニョールのスポンサードを受けていたジェレミー・ジョーンズが自身のブログで、ロシニョールから立ち去る宣言をした。

ブログのメッセージでは、長年のスポンサードを感謝するコメントが綴られれていて、「これまで自分がやりたいスノーボードを追求させる環境を作ってくれて、ありがとう」というコメントを残している。

ジェレミー・ジョーンズは、同名ライダーに同じく有名なバートンのライダーがいるので、よく「ロシニョールのジェレミー」とか「ビッグ・マウンテンのジェレミー」と言われていたが、これからはその敬称に「ロショニョール」という言葉もなくなるだろう。

photo by Eric Bergeri


Leaving Rossignol

As of today I am no longer working with Rossignol Snowboards.  It has been an amazing experience and I want to thank everyone at the company for supporting me the last 19 years.  You always gave me the freedom to do what I wanted with my snowboarding.  Off the hill I learned a ton about how to develop snowboards from the start all the way to the snowboard shop.  This has been my college education.

I want to give a special thanks to Francois Goulet, the North American President.  He was pivitol in helping me get Protect Our Winters of the ground and always supported my ideas.  It has been an amazing learning experience watching him lead the company.

I have so many great memories from my time with Rossignol and I wish them the best of luck in the future.  Hope to see you all in the mountains. 


LINEで送る
Pocket