X-TRAIL JAM IN TOKYO DOMEは誰が勝つ?

LINEで送る
Pocket

いよいよあと1週間と迫ったX-TRAIL JAM東京ドーム決戦!世界のビッグ大会を見渡しても、これほど豪華なライダーたちが一同に集まることは珍しく、まさにこのドーム大会を目の前で見れる我々は幸福だ。

あまりにも豪華なライダーたちが登場するので、誰が勝ってもおかしくない。優勝の予想は、極めて困難だ。

そこで、日本を代表するスノーボード専門誌のトランス誌とフリーラン誌の編集者にご登場願った!日頃からスノーボードの取材をしているプロの方が、この大会をどのように予想しているのか、聞いてみたぞ。
さらにdmkも代表してフサキが予想した。

以下の予想を参考にして、東京ドーム決戦を観たら、より一層大会を味わえるのでは?ぜひ、参考に!

(海外招待選手)
トラビス・ライス、リスト・マティラ、ケビン・ピアース、テリエ・ハーコンセン、ピート・ピロイネン、アンドレアス・ウィッグ、チャズ・ガルデモンド、トースタイン・ホーグモ、ニコラス・ミューラー、セバスチャン・トータント
※外国人招待選手は、両種目参加可能!

(日本人クォーターパイプ・シード選手)
中井孝治、村上大輔、藤田一海

(日本人ストレートジャンプ・シード選手)
岡本圭司、鈴木伯、平岡暁史

FREERUN誌 http://www.freerun-mag.co.jp/
山中 "2C" 敦史さんの予想・注目点

クォーターパイプ
本命ケビン・ピアース、対抗トースタイン・ホーグモ
クォーター新世代突入!高さのある技数勝負の行方が勝敗を決める!

ストレートジャンプ
本命トラビス・ライス、対抗セバスチャン・トータント
新ダブルロデオで立った男が今年のチャンピオンになる!

TRANSWORLD SNOWBOARDING JAPAN誌 http://www.twj.to/snow/
野上大介さん(編集長)の予想・注目点

クォーターパイプ
本命テリエ・ハーコンセン 対抗トラビス・ライス
引退宣言して前回は負傷欠場……これで優勝できなきゃテリエの名がすたる。
トラビスの両種目制覇は、記念すべき来年の10回大会までお預けということで。

ストレートジャンプ
本命トラビス・ライス 対抗トースタイン・ホーグモ
ダブルコークに勝ち目はなさそうだけど、個人的にはフラットスピンで勝ってほしい。去年のリベンジも含めトースタインのSWBS1260に期待。トラビスのSWBSダブルコーク1080が出たらどっちが勝つのかにも注目!

SNOboarders’s website(dmk GLOBAL)
飯田フサキの予想・注目点

クォーターパイプ
本命ニコラス・ミューラー 対抗ケビン・ピアース
大舞台に慣れた勝負根性でニコラスが勝利しそう。テリエの高さ狙いにも注目!

ストレートジャンプ
本命トースタイン・ホーグモ 対抗トラビス・ライス
昨年初ドームを経験し、DCチームメイトのチャズも来てリラックスでき、本来の実力を発揮ができそうなトースタインが勝利!トラビスとの戦いは注目だ。
カナダ・ケベックの高校一年生のセブ(セバスチャン)も、大舞台での勝負根性抜群で表彰台を狙える。

お知らせ!
dmkでは、今季はさらにパワーアップして写真も豊富に増やし、東京ドーム決戦の模様を速報します。
どうぞ、お楽しみに。
もちろん今回ご紹介したフリーラン誌&トランス誌が伝える東京ドーム決戦も要チェックだ!


http://www.x-trailjam.net/index3.html

LINEで送る
Pocket