第26回JSBA全日本スノーボード選手権開催のお知らせ

LINEで送る
Pocket

日本で最も古くから開催されている全日本スノーボード協会(JSBA)によるTIGER SAHARA CUP第26回JSBA全日本スノーボード選手権が、車山高原SKY PARK(長野県)と白樺湖ロイヤルヒルスキー場(長野県)にて2月26日から開催される。

ここ数年のスノーボードの成長には目を見張るものがあり、一時期のブームではなく単一スポーツとして位置を確実にしてきております。
そのスノーボード競技のアマチュア日本一を決定する「TIGER SAHARA CUP第26回JSBA全日本 スノーボード選手権大会」が今年は車山高原SKY PARK(長野県)と白樺湖ロイヤルヒルスキー場(長野県)にて2月26日(火)から3月9日(日)までに渡り開催致します。
(全日本選手権大会期間中の3月8日(土)、3月9日(日)に同会場にてSBJ の試乗会SBJ ON SNOW FESTIVALが開催されます。)

この大会は、当協会がスノーボード競技の発展と育成を目的に1983年より毎年行っている大会で、今大会で26回目を迎えます。
各地区大会と学生選手権の各々の上位入賞者(総予選参加者約6,000名)に加え、JSBA公認グレード1大会の優勝者、昨年の全日本選手権で上位入賞したシード選手を含めた延べ約1,100名の精鋭達がトップレベルの技を競います。

開催種目は「スノーボードクロス(SX)」2/27、「デュアルスラローム(DU)」2/28、「ジャイアントスラローム(GS)」2/29、「ハーフパイプ(HP)」3/5-6、「スロープスタイル(SS)」3/8-3/9、の5種目を実施致します。

クラスは一般男女、ジュニア男女、ユース男女、シニアメン男女、シニア男女と、昨年よりアルパイン種目における45歳以上の
男子カテゴリー「シニア2」が新設されています。

今大会では幅広い年齢層の競技者や様々なスタイルのスノーボーダーが参加することで、今まで以上にスノーボードの魅力を
発見できる大会となる事は確実です。

一般の方については、すべての種目において観戦エリア内を自由に無料で競技をご覧いただけます。
なお、報道関係の方には、スノーボードならではの迫力ある華麗なライディングテクニックを撮影できるようプレスエリアをご用意させて頂きます。

また3月7日には、ナショナルチャンピオンシップというスペシャルイベントを開催致します。
ナショナルチャンピオンシップとは、真の日本一を決めるスペシャルイベントです。
第2回目となる今シーズンは昨年惜しくも悪天候により開催中止となったハーフパイプ種目によって開催することが決定しました。

全日本選手権で優秀な成績を勝ち取りノリにノッているアマチュアライダーと、経験豊富なトッププロが全日本選手権の翌日に真剣勝負を繰り広げます。
選ばれし者にしか参加が許されないこの大会は“真の日本一”を決定するのに相応しい舞台と言えるでしょう。
前日までの戦いでコースの特性を掴んでいるアマチュアライダーの勢いが勝るのか、あらゆる条件下でも最高のパフォーマンスを披露することが可能なトッププロが捻じ伏せるのか。この冬生まれる新たな伝説にご注目ください。

競技会では技と力を競い合うことはもちろんですが、スノーボードを通じて多くの仲間と友好の輪を広げることも大切な意義と考えております。
この素晴らしい競技会へのみなさまからのご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

TIGER SAHARA CUP
第26回JSBA全日本スノーボード選手権大会実行委員会

大会に関する最新情報は下記ホームページにてご案内いたしております。
また大会期間中も大会結果等の情報を常に更新していく予定です。

第26回JSBA全日本スノーボード選手権大会 特設サイト http://www.so-net.ne.jp/jsba/feature/ajsc/ajsc26/

日本スノーボード協会オフィシャルサイト「NET BOARDER」

http://www.jsba.or.jp

LINEで送る
Pocket