Burtonがスケート・カンパニーを合併

LINEで送る
Pocket

スノーボード界の巨船メーカーであるBurtonは、スケートカンパニーのDNA istribution社を合併した。

DNA Distribution社は、スケートボードとアクセサリー類を作るスケート界のリーディングカンパニーだ。1990年クリス・カーター、マイク・ヒルによって始められ、Alien Workshopが元々のDNAブランドだった。
Alien Workshopは芸術、思考、デザインなど、スケートボードに関するすべての境界を打ち破った画期的なブランドである。

DNA Distribution社がコントロールする他2つのブランド、Habitat SkateboardsとReflexもAlien Workshopと並んで成長している。

Habitatは1999年から始まったブランド。ジョー・カストラッシ氏の創造的な方向性を象徴するブランドで、エコを唱えたデザインが知られている。スケートボードに関するすべての商品ラインを持つ。

Reflexはハードグッズに集中したブランドだ。

BurtonとDNA Distributionは、一年以上も前に合併の論議を始めていた。そして両社は、ボードスポーツにおける貢献をする上で協力していくことを決めたのだ。

この両社は共に、芸術性・創造性などと同様に、ハードグッズの技術の発展、改革に熱心である。そして強いアマチュアチームを持ち、最高のカスタマーサービスを誇る。

DNA Distributionはこれまで通りデイトンで運営を続ける。そして最高経営責任者で創立者の一人であるクリス・カーター氏も、Alien Workshop、Habitat、Reflex Bearingsを含むDNAブランドの監督を続ける。

「DNAファミリーブランドを、私たちの尊敬するBurtonに持って来れて感動的だ。Burtonはあきらかにチームや革新、マーケティング、価値観に関して、市場をリードしている。ジョー、マイクと私は、DNAブランドのすべての可能性を後押しする強力なBurtonとの共生を楽しみにしている。」クリス・カーター氏

「サーフィンやスノーボードを通して、ハードグッズがすべてのボードスポーツの基礎だということを学んだ。DNAが我々ファミリーに加わったことは、スケーターがほしいものを獲得したということだ。
Al MerrickやChannel Islands(注:アルメリックとチャンネル・アイランドは共にBurtonが所有するサーフ・ブランド)クルーと同様、DNAのクリス、マイク、ジョーとの提携は最初からうまく適合している。みんながBurtonを本当のボードスポーツ会社にしようと熱心に働いているのだ。だからDNAとそのスケーターチームが、すでに素晴らしい働きをしていて、さらに良い働きが出きるような土台を提供できると自信を持っている。」ジェイク・バートン(Burton創立者、会長)

「DNA以上に良い共同会社は探せなかった。Burtonとそのすべてのブランドは、スノーボード、サーフィン、スケートボードに対してひたむきで熱心な会社ばかりだ。この合併は、私たちがこうして集中して来たビジネスの方針を完璧なものにするだろう。そしてBurtonとそのファミリーブランドの展開における新しい道しるべとなるだろう。」ローレント・パトデビン氏(Burton最高経営責任者)

かつて世界でスノーボードという言葉が知られていなかった頃、Burtonはとっても小さなカンパニーだった。しかし、スノーボード・ブームという大きな波に乗り、ボード・スポーツの先駆者に駆け上がり、一昨年にはサーフブランドのCHANNEL ISLAND SURFBOARDSを飲み込んだ。そして、今スケートブランドをも手中に収め、まさにBurtonはボードスポーツ界の担い手となりつつある。今後この巨船はどのように動くのか、さらにボードスポーツ業界はBurtonの動向から目を離せないであろう。


http://www.burton.com/

LINEで送る
Pocket