Nomisハジメがアマ最強へ一歩前進!

LINEで送る
Pocket

Nomisハジメ(平野創)が全国のインドアスキー場のアマチュア王者を決めるインドアドリームに出場! そこでインパクトある滑りで、その存在感を知らしめた。さらにハジメは、北海道テレビが制作するNO MATTER BOARD(ノーマターボード)にも出演する。放送は、なんと本日!カナダで鍛えた職人ライダーが、いよいよ最強アマの道へ一歩前進したぞ。

まずはアマ最強を目指せ!

19歳の時からウィスラーでスノーボード修行し、また夏は福岡ビッグエアーに篭り練習の虫となったハジメ。そのテクニックには職人気質が漂い、多くのライダーたちが彼のスタイルを認める。
それもそのハズ、ターンの手ほどきをハウツー天使フサキから受け、またNOMIS代表マット・チェンバレンからは山の遊び方を伝授された。さらにシモン・チェンバレン、マーク・ソラーズなどNOMISのトップ・ライダーたちとガンガンにパークを流し、彼らのスタイルを学んで来たのだ。
その結果、NOMIS第一号ニッポン人ライダーとなったのである!

しかし、一方で日本の活動は一切参加せず。撮影もあまり積極的に参加して来なかったので露出は少なく、ハジメを知っているのは、ウィスラーと福岡のローカルで幸運にもその滑りをライブで見と、このdmkサイトをご覧になっている方ぐらいだろう。

ハジメは、出世するまでアルコールは一切飲まないと決め、飲みの席でもミルクばかり飲む異色な存在だ。

また福岡ビッグエアーの篭り始め時代、週末はシーズン券を使えないので、誰もいないロッカーでひたすら隠れジブ練(注:床の上でボードを付けて行うジブ練習のこと)をしていた苦労人ライダーである。

しかし、インドアドリームの敗者復活戦では、最高位を獲得!(以下、参照)
http://www.snova246.com/2006event/indoor%20dream/indoor%20dream%2007/id-result07.html

その持ち前の実力を遂に発揮した。
さらに本日放送のNO MATTER BOARDで『Flying in FUKUOKA』というテーマで福岡ローカルの熱い仲間(注:その中には同じNOMISライダの江渕大輔も!)と共に登場する。
流行のハード・トリックも出るということで、ひじょうに楽しみ。

また今年は初めて日本で積極的に活動し撮影や大会に参加するということで、これからガンガン活に躍してくれそうだ。

ハジメもタップトリックで登場するPeak #04は先行予約開始中!
 
http://www.dmksnowboard.com/dvd/

LINEで送る
Pocket