Nomis来季カタログ撮影でシモンのシグネチャーがお目見え

LINEで送る
Pocket

先日、バンクーバーにあるNomisの倉庫で、来季秋冬モノのカタログ撮影が行われた。その撮影シーンの中でシモンのシグネチャーがお目見え!

手前がチーム・マネージャーでシモン双子兄のアンドレ。
緑の袖のフーディを着ているのがシモン。

Nomis看板ライダーのシモン・チェンバレンが着ているフーディには、まるでシマウマやトラのような模様がある。なんとも不思議な感じの模様だが、実を言うとこれはシモンのフィンガープリント。つまり指紋なのだ。

ある日、Nomisの代表であるマット・チェンバレンから日本のディストリビューターを勤めるフサキ、当dmkサイトの代表でもあるが、連絡が来たのだ。

「フサキ、シモンの日本語の意味って何だい?」
「うーん、シモンってサウンドは、日本語で言うと指紋(フィーンガープリント)のようだね。ちょっと発音の感じは違うんだけどね。」
「そうか、ありがとう!」

この後、しばらく音沙汰がなかったのだが、来季のシモンのシグネチャーにこの指紋模様が施されることになったのだ。今までこんな模様を見たことがないので、なんとも不思議な感じをかもし出しているのだが、シモンは大変気に入っている。来季は、世界中でこのフーディを着るスノーボーダーたちを見かけるだろう。 

お問い合わせ先
株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@nomisdesign.jp


http://www.nomisdesign.jp/

LINEで送る
Pocket