Nikeがスノーボード・ビジネスから撤退!

LINEで送る
Pocket

またか!
Nikeがスノーボード・ビジネスから撤退することになった。
Nikeは、以前にもスノーボードに参入し撤退した過去があるが、またも同じことを・・・。

news140927a

Nikeのライダーと言えば、ギギ・ラフ、ダニー・キャス、ホルダー・ヘルガソンなど世界のトップ・スター数知れず。日本では平野歩夢もNikeのライダーだ。
スノーボード・ブーツに、ウェア、さらには新たにゴーグルをリリースしているのに。しかも、Nikeの商品が並ぶこの時期にビックリ!

海外メディアの報道によると、Nikeは年間で4000万ドルもの収益を上げているということだが、それでは足りなかったようだ。
スノーボード・ビジネスに魅力を感じて参入したが、思ったよりも収益が上げられなかったのだろう。
企業である以上、ビジネスにならなければ撤退も致し方ないかもしれないが、生粋のスノーボード・ブランドならこんな簡単にあきらめることはないのではないだろうか。
なんだか、そのあきらめ感にはスノーボード愛をまったく感じられない!?
と言ったら、Nikeファンに失礼かもしれないが・・・。

ただ、Nikeはこれまで数々の良質なスノーボード・メディアをリリースした功績があるし、当然のことながらユーザーがワクワクするような商品をリリースし続けた実績もあるのは確かだ。

一部、海外メディアの報道では、今回のNikeに限らず他のビッグなスポーツ・ブランドが撤退することに危惧している。中途半端な参入が結局のところ業界をかき回すだけ、という論調だ。
でも、かき回してくれたことは、悪いことだけが残ったのだろうか。
否。そうでもないのかもしれない。むしろ参入してくれたお蔭で活性化された部分もある。
ただ、あまりにも早い撤退で、一般スノーボード・ユーザーには、そもそもNikeがどこまでの商品をリリースしたのか知らないのが現状だ。

 

LINEで送る
Pocket