布施忠ヒストリームービー “NEVER GIVE UP,KEEP THE STYLE”予告編

LINEで送る
Pocket

 

スノーボード界のムービースターとして世界で認められた初めての日本人プロスノーボーダー布施忠。
彼が何を思い考え世界の舞台へ実力だけで飛び込み、世界中で通用するビッグネームTADASHIFUSE/TDFになって行ったのか?

18歳でプロスノーボーダーになり、今年で40歳の現在も日本中のまだ誰も滑ったことのない大自然の雪山を求め、常に危険と隣り合わせの中、精力的に自身の滑りを雪面に残し続けている。


布施忠ヒストリームービー “NEVER GIVE UP,KEEP THE STYLE”予告 from LSP on Vimeo.

布施忠/ プロスノーボーダー
生年月日: 1977年10月8日 出身地: 山形県
16歳でスノーボードを始め18歳でプロ資格を取得しプロスノーボーダーとしてのキャリアをスタートさせる。
国内では数々のコンテストでダイナミックな滑りで見る人全ての記憶に残しその後は自身の表現を追求し続け単身カナダに渡る。
時間を待たずして世界展開ブランドとのグローバル契約を機に世界中で実力が認められ海外超一流ムービープロダクションで数々のフルパートを残す。
BURTON SNOWBOARDSからはシグネイチャーモデルを発表し、移籍後も数々のプロモデルを発表する。

TADASHIFUSE/TDFは世界中で通用するビッグネームとなり世界で認められた初めての日本人プロスノーボーダーだ。
現在は日本中のまだ誰も滑ったことのない大自然の雪山を求め、常に危険と隣り合わせの中、精力的に自身の滑りを雪面に残し続けている。

 

LINEで送る
Pocket