國母和弘が世界一の称号!Riders’ Poll 18で男子ビデオ・パート賞を獲得!!

LINEで送る
Pocket

 

快挙!!國母和弘が世界一の称号だ!
世界のスノーボードの活躍を称するTransWorld SNOWboarding 主催、第18回Riders’ Pollで、男子ビデオ・パート賞(Men’s Video Part Of The Year)に國母和弘が輝いた。

ご存知のように、現在のプロフェッショナルのスノーボードのシーンというのは、スノーボードビデオでどれほどの優れた映像を残し、世界のスノーボーダーたちに影響を与えるかという勝負がメインになっており、オリンピックや大会での活躍は、どちらかというと一般層に影響を与えている。

毎日スノーボードのウェブサイトをチェックし、専門誌を買ったりというようなコア層にとっては、プロ・フェッショナルなライダーたちの映像こそ、本流だ。当然業界の評価も、スノーボードというカルチャーをいかに推進し、進化させ、スノーボーダーである我々にどれほどまで影響を与えたか。そこかジャッジング・ポイントとなる。

このRiders’ Pollという賞は、オリンピックで活躍した選手のように一般の新聞やテレビなどのメディアを騒がすものではないが、世界一影響を与えていると言われるスノーボード界のリーディング・メディア、アメリカのTransWorld SNOWboardingが主催して、今年で数えること18回目を迎えた賞。さながら映画界のアカデミー賞、音楽界のグラミー賞、そのスノーボード版と言っていいだろう。

それだけに日本人である國母和弘が、この賞を獲ったことは、日本のスノーボード界にとっても大ニュースだ。

これまでライオ、布施忠など世界のスノーボード・シーンで大きな影響を与えて来た日本人ライダーはいるが、この賞を獲ったのは國母が初めて。先代の日本レジェンド・ライダーたちが世界で暴れていた時代に、この賞がまだなかったとうこともあるが、今、最もスノーボードの映像が流れる中で、世界に強い影響を与えるビデオ賞を獲ったことは大きな快挙!

世界一のカッコ良いスノーボードを映像を残すことができたのは、日本人のKAZUだった。

以下、授賞式の様子。
プレゼンターは、スノーボード界のスーパーカリスマ・ライダー、テリエ・ハーコンセン。もう一人は現在のコンペティションシーンで最高の男、マーク・マクモリスだ。

 

その他、各賞含め全体の受賞者は以下の通り。
最も名誉が高いライダー・オブ・ザ・イヤー賞には、ストリートとバックカントリーで
高いパフォーマンスを見せたボード・メリルが輝いた。

 
READERS’ CHOICE WINNERS(読者投票の賞)
男子:トラビス・ライス
女子:ジェス・キムラ

VIDEOS OF THE YEAR(ビデオ賞)
オンラインビデオシリーズ賞:BYND X MDLS
ビデオ賞:STRONGER.(Unionバインディングのチームビデオ)

STANDOUT PERFORMANCE OF THE YEAR(傑出したパフォーマンス賞)
The Eternal Beauty of Snowboarding

ROOKIE OF THE YEAR WINNERS(新人賞)
男子:ジェシー・ポール
女子:クラウディア・メドロヴ

VIDEO PART OF THE YEAR WINNERS
男子:國母和弘
女子:ロビン・ヴァン・ジン

RIDER OF THE YEAR WINNERS ライダー・オブ・ザ・イヤー
男子:ボード・メリル
女子:キミー・ファサーニ

PEOPLE OF THE YEAR WINNERS(レジェンド賞)
男子:デヴァン・ウォルッシュ
女子:リアン・ペロッシ

 

LINEで送る
Pocket