マックス・パロット、エニ・ルカヤルビが2017 LAAX OPEN王者に!

LINEで送る
Pocket

 

世界のトップ・スロープスタイル選手が一同に集結した注目の2017 LAAX OPEN、ワールドカップ・スイス大会。さながら一年後に迫った五輪に向かって、前哨戦とも言える戦い。

男子は、マックス・パロット(カナダ)、女子ではなんとエニ・ルカヤルビ(フィンランド)が、アンナ・ガッサー(オーストリア)、ジェイミー・アンダーソンを抑えて優勝した。

エニ・ルカヤルビは、先の五輪では銀メダリストに輝くなど、元々世界トップのスロープスタイル選手だが、まさか今季勝ちまくっているアンナやスロープ女王ジェイミーの上に行くとは誰が想像したことだろう。

スロープスタイルでの勝敗の分かれ目と言われている3つのキッカー・セクションでは、最初にフロントサイド720テールグラブ、次にバックサイド540ステールフィッシュ、そして最後はキャブ720ステールフィッシュを鮮やかに決めて、84.83点を叩き出した。このポイントは、2位アンナの83.71点をわずかに1ポイントほど上回ったスコアだった。

以下、2017 LAAX OPEN女子スロープスタイル・ファイナル結果。
http://medias4.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7634/2017SB7634RLF.pdf
一方男子は、カナディアン・フォースの熾烈な争い。最終的に一番上に行ったのは、キャブ・ダブルコーク1260、フロントサイド・トリプルコーク1440、バックサイド・トリプルコーク1620を決めたマックス・パロットだった。

2位にはマーク・マクモリス、3位にはタイラー・ニコルソンとカナダ勢が表彰台を独占した。

ちなみに男子ファイナルの12名に残った中、カナダ勢は7人にも上り、カナディアンの強さをアピールする大会となった。

以下、2017 LAAX OPEN男子スロープスタイル・ファイナル結果。
http://medias4.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7635/2017SB7635RLF.pdf

 

Riders, media and spectators were greeted with another sunny and beautiful day here in LAAX and a perfectly shaped Slopestyle course for the big finals today. Enni Rukajärvi (FIN) and Max Parrot (CAN) are taking home the titles as well as the biggest portion of the prize-money cheque.

LAAX proved once again that they deserve to be the favourite resort of many riders with an innovative setup and a course they truly had fun on. 500 meters long, the course consisting of six features had to be mastered by the six female and 12 male finalists.

****************************************¬************
► Abonnieren/subscribe: http://goo.gl/8XgSFa
► Facebook: http://goo.gl/plspsr
****************************************¬***********
Riders, Medien und Zuseher wurden auch heute, am ersten großen Finaltag der LAAX OPEN, mit strahlendem Sonnenschein, malerischem Winterpanorama und einem perfekt präparierten Slopestyle Kurs in LAAX begrüßt. Enni Rukajärvi (FIN) und Max Parrot (CAN) fuhren die Titel sowie den größten Teil des Preisgeldes ein.

LAAX bewies erneut, dass es zu Recht eines der beliebtesten Resorts der Rider ist, und mit dem innovativen Setup kamen alle Fahrer auf ihre Kosten. Der 500 Meter lange Parcours mit sechs anspruchsvollen Features musste von den sechs weiblichen und 12 männlichen Finalisten gemeistert werden.

LINEで送る
Pocket