DMKから欧州最高峰専門誌ONBOARDに出れるチャンス!

LINEで送る
Pocket

昨夜、ドイツ・ミュンヘンでDMKフサキと、欧州最高峰専門誌と言われるONBOARDのサム・オータカ氏が会合。
オータカ氏は、ONBOARD電子版コンテンツをリリースするリーダー。
そこで、DMKを通して、日本国内のビデオ作品など、ONBOARDに推薦されることが話し合われた。

news131113i

現在、世界のスノーボード・ウェブサイトでは、アメリカ発のTransworld SnowboardingとSnowboarder Magazineが大きな力を持ち、独自のコンテンツや最新動画をリリースし続けて世界的に影響を与えている。一方、ヨーロッパ発のONBOARD誌は、英語だけでなく、ドイツ語、フランス語、スペイン語でも発行され、欧州エリアで大きな力を持つ。そのウェブサイトも欧州を中心に世界に勢力を伸ばす。


一方、国内においては、我々DMKsnowboard.comだ!
放つ最新コンテンツ、動画数は国内最高数を誇ると言っていいだろう。
また、DMKsnowboard.comでは、海外主要の動画をほぼ完璧にフォロー・リリースしているので、世界でも唯一海外作品と国内作品の両方が最も見れるウェブ・サイトである。

そんなDMKとONBOARDが強力タッグ!
日本のプロダクション、クルーなどが作った優れた国内作品をONBOARDにリリースする後押しをすることになったのだ。

具体的には、以下のような流れになる。
ONBOARDに掲載したい動画をDMKに送る。その作品が、ONBOARDに載せるべき作品であると判断されたら、DMKからONBOARDに連絡を入れる。
最終的にONBOARDの判断で載せたいと思う作品であれば、掲載されるということになる。

現在、サム・オータカ氏は、ONBOARDのウェブサイトのリリースにおいてリーダーする立場にある。そのサム・オータカ氏に、DMKフサキが直接働きかけるホットラインが生まれたということ。このホットラインにより、今後、日本と欧州のスノーボードの情報の交換がますます盛んになっていくだろう。

「ONBOARDというヨーロッパのスノーボード・メディアが、日本のスノーボーダーの方に知ってもらえたらとても嬉しい!」と、オータカさんは語ってくれた。
今回、オータカさんのインタビューも行ったので、近日中にアップされる内容もぜひ楽しみにしていてほしい。

※ONBOARDに掲載したい動画などをリリースする時には、そのままリリースできるようになるべく英語表記のご協力をお願いします。
具体的には、ライダー名は必ず英語で。リリース文やタイトルは、完璧でない英語でも、内容、意味が相手に伝わればいいと思います。
世界に優れた日本の作品や情報をリリースするチャンスです!!

 

 

LINEで送る
Pocket