CSBA Student Interview ①篠田 翔平

LINEで送る
Pocket

 

カナダのウィスラーにあるCSBAには、毎年、スノーボードが大好きな人たちが集まって来る。
そのレベルは様々で、サンデースノーボーダーのようなタイプの方から、オリンピックを目指すようなアスリートタイプまで。
また目的も様々で将来スポーツ関連の仕事を就きたい人や、カナダでインストラクターとして活躍していたい人もいる。
長期間、スノーボードと英語を学び、それだけでなくカナダの様々な資格を取ることで、今後の就職活動に役立てて来た卒業生もたくさんいる。
実際、どんな人がこのプログラムに参加しているのか、興味を抱く方も少なくハズだ。
そこで、2回に分けて現在、CSBAに通う生徒さんにインタビュー。最初に登場してくれたのは篠田 翔平(しのだ・しょうへい)27歳。
これまでカナダには、1年2か月滞在している。

Q. なぜ、カナダに来ようと思ったのですか?
A. なんと言ってもウィスラーでスノーボードをしたかったことと、様々な文化と大自然があり自分の視野を広げられると思ったからです。

Q. 昨シーズンはとても良いシーズンだったけど翔平くんにとってどんなシーズンになりましたか?
A. 一言で言うととにかく楽しかったです!広大なゲレンデの様々な地形を使ってスノーボードを学び、シーズン始めは全然できなかったことがシーズン終わりには少しずつできるようになっていたり、ウィスラーに住むみんなが雪が降ることを待ちわびている独特の雰囲気を味わったりと自分が思っていた以上にスノーボードの楽しさを知ることができました。

Q. CSBAに通う決めた理由を聞かせてください。
A. 一つ目はWhistlerでスノーボードを教わりスキルを上達させるため。二つ目はスノーボード以外のアウトドアスポーツについても学び、将来日本での自分の活動に活かすためです。

Q. 将来の活動って言ったけどどんな活動か聞かせてもらってもいいかな?
A. まずは世界中の見たことない景色を見ることと、国籍問わずたくさんの人に出会うこと。そこから自分の引き出しを増やすことをします。そして、日本では様々な環境によってストレスを抱えている子どもたちにアウトドアを通して、そのストレスを取り除くような教育機関をつくろうと思っています。

Q. 来週末にはブラッコム・グレーシアもクローズしてスノーボードができなくなるけどオフシーズンは何をしますか?
A. オフシーズンは山や湖にハイキングやキャンプをしに行きます。もともとスノーボード以外にアウトドア関連のことを学びたかったので、自分たちで計画を立て、実際にキャンプに行って経験値を積んでいます。まだ数回程度しか行っていませんが、毎回何かしらの失敗があるのでそれを次に活かして少しずつ快適なハイキングやキャンプができるようにしています。キャンプではカナダの自然を感じながら、ご飯を食べるのが最高に楽しみです!

Q. CSBA以外ではどんな活動をしていますか?
A. ビレッジ内の飲食店で仕事をしています。仕事をすると英語を話す機会も増え、カナディアンが使う自然な言い回しが聞けたりしてとても勉強になります。

Q. 現在2年目に入っているわけだけど、この1年の目標などはありますか?
A. まずはスノーボードをもっと上達させて、2年間でどのくらい成長できたか映像に残したいです。それ以外では特に今年はアウトドアにも力を入れようと思っています。9月にはウェスト・コーストトレイルという75キロの手付かずの自然の中にあるトレイルを7日間かけて歩く予定です。電話もインターネットもつながらない環境で自分がどう判断し行動できるかとても大きな挑戦になると考えています。

Q. 最後に何か一言お願いします。
A. ウィスラーは挑戦することと人生を楽しむことの大切さを教えてくれる最高の場所、まだまだ挑戦し続けます!

 

 

newscsba
http://www.canada-sports.net/

LINEで送る
Pocket