BURTONリリース:クロエ・キムとショーン・ホワイトが優勝 BURTON US OPEN ハーフパイプ速報

LINEで送る
Pocket

 

BURTONからリリースされた公式レポート。『クロエ・キムとショーン・ホワイトが優勝 BURTON US OPEN ハーフパイプ速報』。

35周年を迎える世界で最も長く続いているスノーボードコンペティション、THE 2017 BURTON US OPEN SNOWBOARDING CHAMPIONSHIPS の最終日はハーフパイプのファイナルが行われ、男子はショーン・ホワイト、女子はクロエ・キムが共に連覇を果たし、優勝賞金US$45,000を手にしています。

青空のもと、完璧にシェイプされた22フィートのハーフパイプを舞台に行われた大会最終日のハーフパイプ・ファイナル。2018年の平昌冬季オリンピックへ向けて最後のメジャーコンテストとして、高いレベルのパフォーマンスが繰り広げられました。

3本のランのベストスコアが採用されたファイナルラウンド。16歳のディフェンディングチャンピオン、クロエ・キムは既に優勝が決まっていた最後のランで、ルーティンの難易度を上げて87.12ポイントを獲得。バックサイドエア→フロントサイド1080テイルグラブ→キャブ720メロングラブ→フロントサイド900→マックツイストインディグラブのランを成功させたクロエは、「US OPENには昔から来ているけど、今年もまた戻ってくることができて良かったわ。ライディングにも満足しているし、最高の気分ね」とコメントしています。

2位には80.12ポイントのエレナ・ハイト、3位には17歳のマディ・マストロが入り、上位3名をアメリカ勢が占める結果となりました。4位は新潟県出身の17歳、冨田せな、松本遥奈は5位となっています。ケリー・クラークは公式練習中のアクシデントにより棄権となっています。

10名で争われた注目の男子ハーフパイプは、ショーン・ホワイトが強さを見せて、2年連続、初優勝の2006年から通算7度目の頂点に立ちました。「他のライダーが激しいランをしていたのを知っていたので、自分もステップアップしなくてはいけないと考えていたんだ」と今日のライディングを振り返ったショーンは、2本目に特大のバックサイドエアからダブルコーク1080ステールフィッシュ→キャブダブルコーク1440ミュートグラブ→フロントサイド540ステールフィッシュ→バックサイドダブルマックツイスト→フロントサイド900テイルグラブを決めると、2位に10ポイント近い大差をつける92.74ポイントをマークして、3本目を待たずに優勝を決めました。2位にはスコッティ・ジェームス、3位にはチェイス・ジョージーが入っています。

女子ハーフパイプ・リザルト
1. クロエ・キム(アメリカ)87.12
2. エレナ・ハイト(アメリカ)80.12
3. マディ・マストロ(アメリカ)78.25
4. 冨田せな(日本)77.00
5. 松本遥奈(日本)75.00
6. ケリー・クラーク(アメリカ)DNS

男子ハーフパイプ・リザルト
1. ショーン・ホワイト(アメリカ)92.74
2. スコッティ・ジェームス(オーストラリア)82.87
3. チェイス・ジョージー(アメリカ)79.87
4. イウーリ・ポドラチコフ(スイス)78.24
5. 片山來夢(日本)77.75
6. ダニー・デービス(アメリカ)59.50
7. 平野歩夢(日本)51.00
8. パット・バーグナー(スイス)46.87
9. デビッド・ハブルッツェル(スイス)44.87
10. ジェイク・ペイツ(アメリカ)38.62

3年目となるベストトリック賞(Clif ”ライズ・ザ・バー”)には、ダニー・デービスが1発目のヒットでみせたフロントサイド・アーリーウープインディグラブ。
女子ではマディ・マストロのフロントサイド540ステールフィッシュが選ばれています。

素材提供:BURTON(日本語:バートン)

 

LINEで送る
Pocket