BURTON BACKCOUNTRY HOUSEが原宿に登場!

LINEで送る
Pocket

バックカントリーをテーマにした空間BURTON BACKCOUNTRY HOUSEが、12/8-16、期間限定で原宿に登場!
BURTON AK457リミテッドアイテム、アーティスト作品などを展示。

BURTON SNOWBOARDSは、2012年12月8日(土)から16日(日)の期間、バックカントリーをテーマとした『BURTON BACKCOUNTRY HOUSE』をBATSU ART GALLERY(東京都渋谷区神宮前5-11-5)にオープンいたします。

バックカントリーは、スノーボーダーにとって聖地のような魅惑の空間として認知されています。危険を伴いながらも、整備された斜面では体験することができない感覚は、一度その魅力にとらわれると中毒的な一面も見せ、多くのプロライダーから一般スノーボーダーまでを魅了しています。
1977年、ジェイク・バートン・カーペンターによってバートンが設立され、スノーボードがワールドクラスのスポーツへと成長していく中でも、バックカントリーだけは変わらない存在でした。BURTON BACKCOUNTRY HOUSEはバートンとバックカントリーの軌跡を追い、魅力を表現し、価値を共有するために期間限定で設立されるバックカントリージャンキーのための空間です。
 
BURTON BACKCOUNTRY HOUSEの1階は雪山の森をイメージしたショップとなります。バートンのAK457コレクションからジャケット、プローブ、ストック、ショベルなど限定数量の商品が販売されます。AK457は、テクニカルディレクターでありチームライダーの竹内正則、fragment designと開発を行ったバートンの伝統とテクノロジーを最大限に活かしたコレクションで、GORE-TEX®ファブリックを使用したアウターなど、スノーボードの本質部分を追求したプロダクトが揃っています。スノーボードシーンに多大な影響力を持つレジェンド、テリエ・ハーコンセンが使用していたプロダクトも展示されます。
2階へ上がるとそこは、バートンのブランド設立当初のジェイクのガレージを表現したような空間が広がります。ここでは、NYや東京を拠点に活躍中のアーティスト:KENJI HIRATA、松山智一、Naomi KAZAMA、ESOW、谷和レオ(ST.HEAVOGON.)の5名による、使用済みスノーボードギアをベースに制作したアート作品の展示が行われます。アート作品はサイレントオークションにより販売され、販売による売上金は特定非営利活動法人CHILL(チル)に寄付されます。
スノーボードの歴史、聖地と言われているバックカントリー、日本を代表するアーティストによる作品、最先端のテクノロジーを搭載したプロダクト展示、これらをまとめるのはランドスケーププロダクツ代表・中原慎一郎氏です。1940~60 年代のモダンデザインをルーツに、新しいものづくりを目指していている中原氏がスノーボードの歴史に残る空間をデザインします。

【ワークショップスケジュール】
12月8日(土) 16:00-17:30  「光ヶ原 Cat tour Session」
ゲスト:竹内正則(バートンジャパンチームライダー/AK457テクニカルアドバイザー)、小寺誉紹(光ヶ原Cat Tour ガイド)
定員: 30名 ※要予約。一部立見の場合あり。
竹内正則によるトークセッション。光ヶ原キャットツアーの魅力をスライドショーで紹介。

12月11日(火) 20:00-21:30
「BACKCOUNTRY エントリークリニック」 
ゲスト:松本省二(TENGU SNOW CAT / リードガイド)
定員: 30名 ※要予約。一部立見の場合あり。
バックカントリーガイド松本省二による、安全にバックカントリーライディングを楽しむための心構えと準備。初心者の為の簡単な解説。

12月13日(木) 20:00-21:30
「ボードチューンナップ クリニック」
定員: 30名 ※要予約。一部立見の場合あり。
バートンリペア スペシャリストによるボードチューンナップ講習。

12月15日(土) 18:00-19:30  「AK457 クリニック」
ゲスト:藤原ヒロシ(ミュージシャン&音楽プロデューサー)、竹内正則(バートンジャパンチームライダー/AK457テクニカルディレクター)
MC:ニール・ハートマン(カメラマン/映像作家)
定員: 30名 ※要予約。一部立見の場合あり。
AK457プロダクトの製品開発背景やバックカントリーライディングに関するトークセッション。


http://burton.com

 

LINEで送る
Pocket