2015 PRO RIDERSステッカー貼り方/田嶋 英悟

LINEで送る
Pocket

 

毎年恒例のDMK人気コーナー、『PRO RIDERSステッカー貼り方』。
10日間ぶっ通しでアップし続けて来ましたが、いよいよ本日がラストです!

田嶋 英悟 Eigo Tashima

news150613b

意外にPRO RIDERSステッカー貼り方の初登場のEigo。
DMKでは、お馴染みのCSBAカレッジのコーチ。
「ウィスラーの環境を活かしたバックカントリーでのライディングを、今シーズンから多くやっていきたい。」というメッセージをもらったが、その言葉通り、Eigoはカナディアンのように自然の山の地形をそのまま利用し、男らしくガツガツに攻める。一方でCSBAでは、イントラコースの子たちもいるので、そういう時には丁寧にやさしくコーチングもしているよ。

スタンス幅: 55cm
角度:前足12、後足-12

スポンサー: CAPiTA, DEELUXE, UNION, Board House ROOOP.503

news150613c

デニムシャツを着て、春らしい装い。ブラウンとのパンツのマッチングがバッチリだね!

ステッカーの貼り方は、全体的に斜めになるように統一感をもたせている。こうした貼り方はステッカー・チューンの基本技なので、ぜひ覚えておくといいよ。
そして、真ん中は、板のグラフィックを損なわないためにあえて、貼っていないようだ。

おもしろいのは、ショップ・スポンサーROOOP.503のブラック、ホワイトのステッカーを文字を1つ1つ交互に上下に分けた貼り方をしていること。その結果、本来ならブラックだけ、ホワイトだけというステッカーがオセロのようになっている。こうした同じサイズで違うカラーの文字ステッカーを2つ用意することで、こんな技も使えるのでぜひ参考にしよう。

 

●関連リンク
【特集】2014年版スノーボードのステッカーの貼り方実例集
http://dmksnowboard.com/?p=27272

 

LINEで送る
Pocket