2012 BURTON US OPENライブウェブキャスト日程

LINEで送る
Pocket

先日、Burton European Openが終わったばかりだが、いよいよ本日、US OPENがスタート!みんな知っているように、スノーボードの大会で最も権威があり、歴史ある大会。

 

そのライブウェブキャスト・スケジュール、US OPENのトピックなど、バートン・ジャパンからリリースが来たので、ご紹介しよう。

3月5日より11日まで、2012 BURTON US OPEN www.opensnowboarding.comがアメリカ・ストラットンで行われます。30周年を迎える今回のイベントにBURTONからは國母和宏、平野英樹、歩夢、鬼塚雅、降旗由紀らが参戦します。日本でのライブウェブキャスト・スケジュールなど詳細をご紹介します。

スケジュール
3/6(火) 男子HP予予選、女子HP予選
3/7(水) 男子SS予選、男女SSセミファイナル
3/8(木) 男女HPセミファイナル
3/9(金) 男女SSファイナル、レジェンドイベント“The Washed Up Cup”
3/10(土)男女HPファイナル、ナイトジャム
3/11(日)ジュニアジャム

参加予定ライダー
女子:ケリー・クラーク(女子HPオリンピック金メダリスト)、ハンナ・テーター(女子HPオリンピック金メダリスト)、グレッチェン・ブレイラー、ジェイミー・アンダーソン(X GAMES金メダリスト)、降旗由紀
男子:マーク・マクモリス(X GAMES金メダリスト)、國母和宏(US OPEN2連覇中)、ユーリ・ポドラドチコフ(World Snowboarding Championships金メダリスト)、ルイ・ヴィトー、ダニー・デイビス、青野令(anon.)、平野英樹、平野歩夢、他

イベントの模様は3月7日から3月10日、www.redbull.tvでライブウェブキャストされます。

3/7(水) 1:30AM – 6:00AM 男子SS予選、男女SSセミファイナル
3/8(木) 10:30PM – 4:00AM 男女HPセミファイナル
3/9(金) 11:15PM – 6:00AM 男女SSファイナル
3/10(土) 11:15PM – 6:00AM 男女HPファイナル 

前回、2011/3/12に行われた男子ハーフパイプファイナルで、2連覇を果たした國母和宏のランです。


2012 BURTON US OPEN トピック

・30年間進化し続けている唯一のスノーボードイベント。
・クレイグ・ケリーやジェフ・ブラッシー、テリエ・ハーコンセンなど名だたるスノーボーダーが過去に参加。
・BURTON US OPENはBURTONの創設者であるジェイク・バートンによって1982年に開始され、開催当初からアマチュアからプロまでが参加できるオープン形式。
・ウーメンズ・スノーボードシーンにおいても最高レベルのライダーが集まる。賞金額は男女とも同額。
・US OPEN のようなコンペティションが、ライディングレベルを毎年引き上げ、P-TEX素材を使ったベース、ステンレススチールエッジなど新しいテクノロジーを生んでいる。
・1988年、最初のハーフパイプは手で掘ったものでした。今では壁の高さは22フィートまでになっている。
・1990年、テリエが16歳で出場した大会で、観客は「あのBURTON Micro Airに乗ったキッズは、見る価値がある」と評価された。
・ショーン・ホワイトは1995年、9歳の時にハーフパイプファイナルの前走として登場。ジェイク・バートンは当時を振り返るインタビューで、彼の記憶に強く残ったことを語っている。
・ハンナ・テーター、ジェイク・ブラウベルト、パット・ムーアら現在トップライダーとして活躍しているスノーボーダーは、US OPENのジュニアジャムで活躍した経歴がある。昨年は平野歩夢がチャンピオンに輝いている。
・2003年、当時14歳の國母和宏が日本人として初めて表彰台に立った(2位)。そして昨年、東日本大震災の翌日に行われたHPファイナルで、2連覇を果たした。

・2003年、ショーン・ホワイトはスロープスタイルを制している(2位トラビス・ライス)
・2007年、US OPEN25周年を祝う大会で、BURTON GLOBAL OPEN SERIESの表彰が行われた。ショーン・ホワイト、トーラ・ブライトが当時スノーボードイベントとしては最高額の賞金となるUS$100,000を手にした。

・Method Man、RedmanそしてSuper Mash Brosがライブを行う予定。
・30周年を記念してレジェンドスノーボーダーが参加する"Washed Up Cup"が開催。
・30周年のスペシャル企画として、Scotty Lago、Mikkel Bang、Eric Willet、Shaun White、國母和宏、Danny Kass、Kelly Clark, Enni Rukajarvi、Sina Candrianら過去4年間のHP、SSのチャンピオン(女子は2年間)は、ファイナルから出場できる権利がある。
・ジェイク・バートンと妻であるドナ・カーペンターによって設立された特定非営利活動法人CHILLの活動として、北米のキッズをUS OPENの会場に招待。こちらは13年連続して行われており、キッズが初めて飛行機に乗ることや、プロライダーと会うことができる機会を提供している。
・US OPENはBURTON GLOBAL OPEN SERIESの最終戦となります。SS、HPの男女シリーズチャンピオンにはUS$25,000が贈られる。
・最もクリエイティブなランをしたライダー(SS&HP、男女)にはMINI Creative Use of Space賞としてUS$5,000と25BGOSポイントが贈られる。
・世界トップクラスのハーフパイプ、スロープスタイルのコースが用意される。エキシビジョンで行われるレールジャムにおいても、新しいレベルの造作物が登場。
・US OPENの歴史、伝統をもとに、「ノスタルジック」、「伝説」という2つのキーワードに沿った様々なイベントが催される。
・2010、2011と男子ハーフパイプ2連覇中の國母和宏が3連覇に挑む!。
・BURTON EUROPEAN OPENジュニア部門スロープスタイル優勝の13歳、鬼塚雅が、女子スロープスタイルに出場。

Men’s Halfpipe Results History   
1988   1. Terry Kidwell USA 2. Bert Lamar USA 3. Craig Kelly USA
1989   1. Craig Kelly USA 2. Bert Lamar USA 3. Terry Kidwell USA
1990  1. Craig Kelly USA 2. Shaun Palmer USA 3. Jeff Brushie USA
1991   1. Jimi Scott USA 2. Craig Kelly USA 3. Shaun Palmer USA
1992   1. Terje Haakonsen NOR 2. Jeff Brushie USA 3. Todd Richards USA
1993   1. Terje Haakonsen NOR 2. Keith Wallace USA 3. Sebu Kuhlberg FIN
1994   1. Todd Richards USA 2. Lael Gregory USA 3. Jason Evans USA
1995   1. Terje Haakonsen NOR 2. Jason Evans USA 3. J.J. Collier USA
1996   1. Jimi Scott USA 2. Sami Hyry FIN 3. Max Ploetzender AUT
1997   1. Todd Richards USA 2. Terje Haakonsen NOR 3. Sebu Kuhlberg FIN
1998  1. Rob Kingwill USA 2. Terje Haakonsen NOR 3. Todd Richards USA
1999   1. Ross Powers USA 2. Xavier Hoffman GER 3. Tommy Czeschin USA
2000  1. Guillaume Morisset CAN 2. Ross Powers USA 3. Xavier Hoffman GER
2001  1. Danny Kass USA 2. Abe Teter USA 3. Daniel Franck NOR
2002  1. Danny Kass USA 2. Markku Koski FIN 3. Keir Dillon USA
2003   1. Ross Powers 2. Kazuhiro Kokubo 3. Daniel Franck
2004  1. Danny Kass USA 2. Steve Fisher 3. Keir Dillon
2005  1. Danny Kass USA 2. Steve Fisher 3. Antti Autti
2006    1. Shaun White USA 2. Danny Davis 3. Mason Aguirre
2007    1. Shaun White USA 2. Danny Davis 3. Markus Malin FIN
2008    1. Shaun White USA 2. Mason Aguirre, USA 3. Kevin Pearce, USA
2009  1. Danny Kass USA 2. Peetu Piiroinen FIN 3. Luke Mitrani USA
2010  1 Kazuhiro Kokubo JPN 2 Louie Vito USA 3 Iouri Podladtchikov SUI
2011  1 Kazuhiro Kokubo JPN 2. Kohei Kudo JPN 3 Iouri Podladtchikov SUI
       
  *Danny Kass won the title 5 times    
  *Shaun White and Terje won the title 3 times  


http://www.opensnowboarding.com/

 

LINEで送る
Pocket