14年越し遂に!ジェフが幻スポットでBS1080をメイク!!

 

なんと14年という長い歳月を掛けて、遂にジェフ・ブラウンがウィスラーの有名なバックカントリーのスポット、『1080GAP』でバックサイド180をメイクすることに成功した!!

この幻のスポットは、1997年にWhiskey(※ウィスラー周辺のライダーたちが制作した元祖パーティ・ビデオ)のクルー、マーク・モリセット、ショーン・ジョンソン、ケビン・ヤングが初めて発見したことに始まった。
当時は、上部のロール部分の下のスポットをヒップのように使っていて、サイドからアプローチしていた。そこで、マーク・モリセットはフロントサイド1080を試みた。

 

この撮影スポットは、フォトグラファー、ダノ・ペンディグラスによって世に出てたちまち有名なスポットとなり名称もGAP1080と呼ばれたのだが、まだ誰もギャップ越えで1080をメイクしたことがなかった。

そんな中、初めて上部から飛ぶことにチャレンジしたのがデバン・ウォルッシュ。その度胸は恐れ入るが、まだまだ1080とはほど遠いジャンプだった。

2001年、True LifeをリリースするForumクルーのJPウォーカーはスイッチでアンダーフリップを行うという、とてつもないトリックを完成させる。ジェレミー・ジョーンズはキャブ540、ピーター・ラインはスイッチバックサイド540をメイクした。
そして近年では、イカ・バックストロームがキャブ900、イェロ・ニメイラがスイッチバックサイド720をメイク。

そして遂に14年後、遂に1080の扉を開ける時がやって来た。

以下、その時のことを語るジェフ・ブラウン。またジェフの親分とも言えるケビン・サンサローンも歴史について語っている。

In classic Whistler backcountry fashion the clouds rolled in and shut down Geoff Brown’s session on 1080 Gap. A drizzle started and with sticky spring snow already making for a sketchy landing Brown, photographer Todd Easterbrook, and filmer Vanessa Chan packed up. Brown had built the jump nine times over the season hoping to get a backside 1080 double cork and either got weathered-out or didn’t land. But just before they left the sun broke through, shining perfect light on the gap. It was the end of March and Brown figured that if he didn’t hit it right then he probably wouldn’t have another chance until next winter. The crew set up again and on the fifth try Brown rode away from his trick, marking the first 1080 over the gap in the 14 years since it was first sessioned.

Get the full story at http://snowboarding.transworld.net/videos/it-took-14-years-for-someone-to-land-a-1080-on-1080-gap/#36td6YcP50w2cF3e.97

Words: Gerhard Gross

Photo: Todd Easterbrook