W杯HP最終戦で日本男子1、2決まる!

LINEで送る
Pocket

FIS WORLD CUP最終戦が、カナダ/ストーンハムで開催された。
そこで2位になった16歳の青野 令が、W杯ハーフパイプ種目のシリーズ王者となった。
また5位に入った17歳の工藤 洸平も青野に続くシリーズ2位となり、日本ハーフパイプの男子は、この若い2人が1、2フィニッシュを飾った。これは、初快挙!

今年は五輪後の最初の年となり、W杯には強豪選手が出ない大会も多かった。しかし、若い2人にとって、勝つことは何よりのエネルギーになるし、日本ハーフパイプ勢にとって追い風になることだろう。

なお、W杯ハーフパイプ最終戦の結果は、以下の通り。

Men’s Halfpipe Results
Mar.18

1 Daniel Friberg (SUI)
2 Ryo Aono (JPN)
3 Brendan Davis (CAN)

5 Kouhei Kudo (JPN)

Women’s Halfpipe Results
Mar.18
1 Manuela Laura Pesko (SUI)
2 Hplly Crawford (AUS)
3 Paulina Ligocka (POL)


http://www.fis-ski.com/

LINEで送る
Pocket