K2から高品質なカールツァイスのゴーグル!

LINEで送る
Pocket

2012-13シーズンにリリースされるゴーグルで、K2は驚くべきことをやってくれた!

カールツァイスという響き。カメラを愛する本物志向の写真家にとっては、トキメキなイメージを持つだろう。
被写体をあえて定めず撮った写真を芸術的に仕上げることができるこのレンズは、写真家に大いなる感動と喜びを与え続ける
。現在各ブランドで採用されるこの高品質レンズは、カメラの父とも言われる。
そんなカールツァイス・ビジョンズ社の驚くべき品質と経験を元に、ゴーグルを作ったのである!

dmkでは、その注目のK2ゴーグルを早速テストしてみた。

まず、そのゴーグルを拝見したところ、濃いミラーレンズの風貌がカッコ良い。
実際、付けてみるとフィット感がひじょうに良く、視界も広く快適だ。
以下の写真(左)のようにブルーの世界が広がるが、雪の凸凹をしっかりと表現してくれるので、ライディング感覚は圧倒的に向上する。

一見すると、このブルーの世界は違和感に感じるかもしれないが、実際にライディングを続けていれば、このブルーの世界の方がノーマルに感じさせてくれる。
カナダならでのとても眩しい日差しの一日だったが、目はまったく疲れなかった。

それと、驚くべきは、その曇り難さ。キッカーを連続で3本ハイクしても、まったく曇らない。お陰で、ジャンプの練習に集中することができた。

しかも、このレンズは、特殊加工されたポリカーボネートが施され、傷防止コーティングもされているとのこと。毎年、ゴーグルのレンズが傷つき、パフォーマンスを落としてしまうという方にも最適である。
個人的にも、ついついゴーグルのレンズを傷つけてしまいがちなので、この特殊加工は嬉しい。

簡潔に感想を述べるなら、ゴーグルをかけていることを忘れるほど、快適なレンズだった。
オススメです!

特徴:
視界が広い。
目にやさしい。
天候に左右されずに良好な視界を確保。
曇り難い。
レンズが傷が付き難い。
ヘルメットへのフィット感も良い。


http://k2snowboarding.com/

 

LINEで送る
Pocket