日本市場に新しい風!Sandboxのブレインバケット

LINEで送る
Pocket

私たちは、日本のスノーボード・マーケットに再び新しい風を送り込みます!

Sandbox艦長ケビン・サンサローン(右)が始めた新コンセプト・ヘルメット。

今回ご紹介するSandbox(サンドボックス)のBrain Buckets(=脳みそのバケツ)は、往来販売されているヘルメットのコンセプットとは違っています。

ヘルメットは往来、安全のために仕方なくかぶるものという認識が高いモノだったと思います。ダサくても安全第一である、と。
しかし、ブレインバケットは、ヘルメットをすると「むしろカッコ良い!」をコンセプトを元に細部の曲線にまで気を配りました。そして、スノーボーダーたちの感性に響くシェイプとカラー、デザインを実現することに成功しました。

安全重視!が叫ばれる日本のスノー・ヘルメット市場の中で、私たちはあえて言います。
「デザイン重視!」のヘルメットです。

現在カナダ・ウィスラーを拠点にSandboxブレインバケットは、急速に勢力を拡大しつつあります。
北米のスキー場において、キッズたちにヘルメットをかぶせないことは違法であるというレベルまで来ていますが、その流れを受けて一部スキー場、また一部トレインパークでヘルメットは義務付けられています。そんな中、カッコ良いヘルメットをしたいという風潮があり、ブレインバケットは生まれました。

ブラッコムパークを主戦場に持つSandboxライダーたち(注:彼らは北米で評価が高いフィルム・クルーのライダーたちでもあります)も、ヘルメットの義務付けを受け、以前からカッコ良いヘルメットを付けたい、という機運が高まっていました。そんな時、Sandboxの艦長ケビン・サンサローンは、このヘルメットを思いつき、商品化に成功させたのです。

カラフルなヘルメットは、ゲレンデに新しいファッション感覚を提供するでしょう。
また、短いツバは、オシャレ度を演出し、ライダーたちのスピードを妨げることがありません。
軽いので、ライディングへの支障もナシ!

そして、万が一転倒した時、あなたの大切な脳みそを守る手助けをします。

その他ブレインバケットの特徴・注意点
ゴーグルを取り付けるためのピンが、後部にあります。このピンは取り外しが可能です。
耳を保護するパットが取り外しできるようになっています。
ちなみにSandboxライダーは、耳パットもゴーグルピンも使用せずに、ゴーグルやビーニーはヘルメット内でかぶってしまいます。
ヘルメットのシェイプは欧米の頭に合わせた卵型(注:アジア人は丸い)なので、小さいサイズだと頭部サイド部分が小さく感じる方がいます。その場合、大きいサイズをご使用ください。
サイズは、S/MとL/XLの2種類ですが、カナダではほとんどS/Mばかりが売れています。しかし、今回、日本マーケットも考慮して、L/XLというサイズを誕生させました。
また、合計8つの取り外しが可能なパット材で、さらにサイズ調整ができるようになっています。ビーニー使用時のサイズ調整など、自由にできるようになっています。

希望小売価格:12,600円(税込)
カラー:4種類(ブラック、ホワイト、ブルー、グリーン)

ブルーとグリーンのバックにはSandboxのロゴ付き。

お問い合わせ先
株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: aya-k@nomisdesign.jp

LINEで送る
Pocket