実は効率的!春、夏にウィスラーでスノーボード!

LINEで送る
Pocket

 

インタビュー記事提供: CSBA

ある程度スノーボードをやり込んでいる人なら誰でも海外でスノーボードをしてみたいと思ったことは一度はあるのではないだろうか?
特に北米、ヨーロッパはゲレンデも広大で、スノーボードムービーで見るようなロケーションでスノーボードを楽しむことができる。
しかしながら冬は当然日本もシーズン中なのでなかなか海外で滑るということが簡単にはできないのが現状。
日本のプロライダーたちも冬は日本でシーズンを過ごし、春に北米やヨーロッパに移動するという動きをする者も少なくない。

news150916c

ここウィスラーにも春シーズンになると日本から雪とより良い環境を求めて多くのスノーボーダーが毎年訪れる。
しかしそのほとんどがウィスラーの春シーズンが終了する5月末には日本に帰っている。
今年、春から夏にかけてカナダのウィスラーにスノーボード修行をしに来た一人の男性がいた。
彼はプロではなく一般スノーボーダー。日本ではスノーボードショップ店員として忙しいシーズンを過ごし、ショップが落ち着いた春から夏の時期にかけてスノーボードをしにウィスラーに来たのだ。
そんな彼に春、夏のウィスラーでのスノーボードについてインタビューしてみた。


Q.お名前を教えてください。
A.金井駿(タカシ)です。
 
Q.カナダにはどのくらいの期間滞在したの?
A.ちょうど4ヶ月です。
 
Q.なぜその時期を選んだの?
A.日本でのシーズンが終わり、夏の空いた時間をもっとスノーボードに当てたいと思い5月から9月にかけてカナダへ行きました。
 
Q.その時期に滑ってみた感想を聞かせてください。
A.その時期の日本では考えられないほどの広い範囲を滑ることができました。また、落ち込みなど日本ではあまり見ない地形などがあり、新鮮でした。
有名なプロライダー達も同じパークで滑っていたので世界トップレベルのライディングを目の前で見ることができ、刺激になりました。

news150916d
(サマーキャンプ後のライダーセールでの一枚)
 
Q.毎年5月末からサマーキャンプが始まる6月半ばまでスキー場が一度クローズすると思うけど、その間は何をしていたの?
A.まず、例年は3週間と聞いていたスキー場クローズ期間が今年は2週間しかなかったのでラッキーでした。その2週間にCSBAのプログラムでスケートボードやトランポリンのトレーニングを行い、夏のスノーボードキャンプに向けてトレーニングを積みました。
また、Blackcombへ登るリフトの近くにちょっとした広場があったので、そこでジブの練習をしたりもしてました。
 
Q.ブラッコムのサマーキャンプはCOC(キャンプ・オブ・チャンピオンズ)が有名だけど、CSBAが入っているのは別のキャンプ(Dave Murry Camp)だよね。もちろん貸し切りパークがあるのは知ってるけど実際滑ってみてどうだった?
A.形が綺麗で飛びやすいキッカーに初心者から上級者まで楽しめるラインナップのジブアイテムがあったので自分のレベルに合わせて安全に練習ができました。
僕は日本ではサイドインレールができなかったのですが、貸し切りパークでまずは簡単なボックスで練習を繰り返して、レールで試したり、小さいジャンプで慣らしてから大きいジャンプで試したり。
また、整備も定期的に入っていたのでいつも良い状態で滑れました。

news150916f
(Salmon armsのボス、Nickから直接グローブをゲット!)
 
Q.CSBAのプログラムを終了してから日本に帰るまでに約1ヶ月あったようだけど、その間はウィスラーで何をしていたの?
A.卒業後もCSBAがサポートしてくれてウィスラーのローカルブランドのPRIORの工場でスキー、スノーボード制作の仕事に携わることができました。元々僕はスノーボードショップで仕事をしていたのでスノーボード制作に興味があることをCSBAに伝えると学校がサポートしてくれてそのような良い経験ができました。
それ以外にも、怪我をした時に、病院へいっしょに来てもらったりで本当に頼りになりました。

news150916e
(左、PRIORのオーナー、クリス・プライヤー氏との記念撮影。右、PRIORスノーボード工場でのインターンシップ風景。)

 
Q.その他CSBAに来て良かったと思うことを教えてください。
A.ここ数年で日本でも有名になったヘルメットメーカー、SANDBOXのオーナーのKevin Sansaloneにも会えたし、実際に彼の家に行くこともできました。その時は1人で家に行ったので緊張しましたが、家の中にオフィスがあり、世界的なブランドの裏側を垣間みることができてとても嬉しかったです。またウィスラーに来た時には遊びに来いと言ってくれたのも嬉しかったですね!
SANDBOX以外にも様々なローカルブランドの人と喋ったり出来たのでとても刺激的でした。
また、春にはFusakiさんに撮影していただく機会もあり、こうして業界の人とつながることができたのも大きいですね。一人で来るとなかなかこのようなコネクション作りをすることは難しいので僕の仕事上大きな財産になりました。
 
Q.これからの動きを教えてください。
A.スノーボードはもちろんスノーボードギアを販売するのも好きなので、冬は販売をしつつお金を貯めて、春から夏に掛けて毎年カナダなど優れた環境でスノーボードを続けていくのが理想です。
また、その中でライダーとしてサポートしてもらえるところを探していきたいです。
スノーボードギアはもちろん海外でのスノーボードなどに興味がある方は僕が働いているモリヤマスポーツ池田店へぜひ足を運んでください!

 
以下、Takashi Kanai動画

 
 
CSBAでは10月5日から27日にかけて日本全国で留学カウンセリングを行います。
スノーボードが上手くなりたい、スノーボードと英語を同時に学びたい、海外で滑りたいなどどんな方でもカウンセリングへのお申し込みがが可能です。
詳しくはメールにてご連絡ください。

CSBA留学カウンセリングお申し込み、ご質問フォーム
http://www.canada-sports.net/web/06_explain/index_02.html

newscsba
http://www.canada-sports.net/web/02_course/snowboard.html

 

LINEで送る
Pocket