今年でラスト!東日本大震災支援チャリティイベント「おれたちに出来ること」

LINEで送る
Pocket

 

雪を愛する21人の写真家たちによる東日本支援チャリティーイベント「おれたちに出来ること」vol.5が、開催へ!
今年で5年目となったこの活動、最後を迎えることになった。

news150919a
(最終活動へ向けてミーティングする写真家たち。)

展示された写真やTシャツなどの売り上げを関係機関へ寄付する活動。その総額は、1千万円にもなるそうだ。
いよいよフィナーレを迎えるこの活動、ぜひ参加してみよう!

news150919b

あの未曾有の大惨劇を前に、あれほど人としての無力感を覚えたことはないでしょう。雪山を舞台に写真を撮る私たちも同様でした。その思いを共有し、集まって話し合った結果が、この「おれたちに出来ること」です。それぞれの写真作品を販売して、その売り上げ金を被災地に寄付する。その意義や開催方法について様々な葛藤はありましたが、それが自分たちの身の丈に合った、それはまさに自分たちの「出来ること」でした。

第5回目の会場は昨年と同様、旧千代田区立練成中学校をリノベーションしたアートセンター「3331 Arts Chiyoda」です。
東京メトロ銀座線末広町駅から徒歩1分という好立地で、展示会場に併設したイベント会場では、今年もいくつかの関連イベントを準備中です。参加写真家を交えたコミュニケーションにも最適なカフェスペースもあり、校庭だった広い前庭では子どもたちを遊ばせることもできます。

例年、多くの皆さまのご協力を得てきたこのチャリティイベントを、今年も開催できることに御礼を申し上げます。
どうぞ主旨をご理解のうえ、少しでも多くの寄付金が集まりますように、皆さまのご協力をお願い申し上げます。

おれたちに出来ること Facebook

 

LINEで送る
Pocket