世界進出に挑戦!壁ちゃんDeja Vuクルー参戦ダー!!

LINEで送る
Pocket

壁ちゃんこと壁田竜一が、あの世界最高峰アーバン・ジビング集団と言われる『Deja Vu(デジャ・ヴ)』クルーに参戦。世界進出に挑戦することになった!

AWSM、NOMIS代理店フィールドゲートに来た時に、今季の野望を語ったカベちゃん。今季の活躍が楽しみだ!

これまで何人かの日本人ライダーが世界に挑戦して来たが、実力の壁、言葉や文化の壁でなかなか実現に至っていない。
しかも、世界を代表するフィルムクルーの撮影となると、数えるほどしかない。

思い浮かぶところでは、93年フォールライン・フィルムズに出演した小川理人、90年後半にマックダウ・シリーズに出演したライオ田原。そして今、なお世界のシーンで活躍している布施忠、國母和宏。

もちろん、超メジャーでなく、世界的に販売されたビデオという点では、もっと多くのライダーが出演しているが、今、最も旬でビッグなプロダクションズという枠組みに限っては、日本人ライダーは5本指以内に収まってしまうのが現状だ。

そんな中、カベちゃんは、Deja Vuの撮影に参戦しようとしている。
きっかけとなったのは、スポンサーであるI Foundが、Deja Vuにもスポンサードしていたこと。
また、Salomonチームでの撮影に関わったフィルマーが、Deja Vuにも加わったこと。
以上の2点から、この夢のような話が持ち上がった。

しかし、撮影に参戦できるからと言って、自分のパートや出演が確保されたわけではない。
世界最高峰のアーバン・ジビング集団に認められる結果(=撮影素材)が残せないと出演は果たせない。

日本人の壁となっていた言葉に関しては、若い時にアメリカに行っていたことでクリア。もちろん文化という点でも、問題なく、壁ちゃんを見ている限り、海外の方が肌に合っているようにも見えるフランクさがある。

これまでお世話になって来た、スクローバーとの撮影もこなしつつ、世界進出をもくろみ、この冬はカナダに行くとのことだ。

Deja Vuクルーのホームは、ほとんどの日本人ライダーが行っていない東側、ケベックだ。そういった意味で、いろいろ寂しい思いもするだろうが、ぜひグローバル・ライダーを目指して頑張ってほしい。
ちなみに東のフレンチ・カナディアンは綺麗な女性がたくさんいるので、気をつけよう。

Nomis Design Japan Facebook
http://www.facebook.com/NomisJapan

Nomis お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@fieldgate.jp


http://www.nomisdesign.com/

LINEで送る
Pocket