ビル・ゲイツが自身のスノーボードをデザイン!

LINEで送る
Pocket

マイクロソフト社の共同創業者・会長として知られるビル・ゲイツ氏が、毎年行われる基調講演『2008 International CES』で、なんと自身のスノーボードをデザインした!

今年後半からMicrosoftの非常勤職に移る予定のゲーツ氏にとって、この基調講演は最後となる。17歳の時からMicrosoftの常勤職でカンパニーをリーディングして来た氏にとっては、思い出のラスト講演だ。

その講演でゲイツ氏は、マルチタッチインターフェースのテーブル型コンピュータ「Microsoft Surface」を使って自分用のスノーボードをデザインし、そのデザインを「Windows Mobile」搭載の携帯電話に送信した、というのだ。氏がデザインしたスノーボードは、底面に「Bill!」という文字が描かれていたとか。

マイクロソフト社は、オリンピック向けのwebサイトをNBC Universal(注:全米のオリンピック放送をほぼ独占して放送しているテレビ局)と共同で運営することも発表しているが、もしかして自身でデザインしたスノーボードをアメリカの五輪選手に乗せてPRさせることも考えたりして!? まさか、そんなことはないだろうが、この貴重講演でスノーボードをデザインしたゲイツ氏が、多少なりともスノーボードに興味があることは判明した。

 

LINEで送る
Pocket