ネイト先生のスノボ英会話 その14「Fatty」

LINEで送る
Pocket

Hi guys!! This is Nate!!

いよいよシーズンも後半になってきたね!3月に入ってウィスラーは暖かくなってきたよ。日本のシーズンはだいたいのところが4月くらいで終わるみたいだね!ウィスラーは例年通りにいけば5月後半まで滑ることができるけど今シーズンは雪が少ないからどうかな〜?

しかしYuki Kadonoはすごいね!Air & Styleに続きUS OpenのBack to Back1620は世界中のスノーボーダーが度肝を抜かれたよ。ウィスラーのスノーボーダーの中でもUS Openの翌日はその話題で持ち切りだった!今日はUS Openの時のYuki Kadonoのような大きくジャンプを飛んだ人を見たときに使える言葉だ。

news140803b

今回は、『Fatty(ファッティ)』だ!!

普段はこの言葉は脂っこいとか、太っちょとかという意味なんだけど、スノーボーダーがこれを使うときは、「Huge」と同じで、「どでかい」という意味で使うんだ。

例えば、キッカーを飛ぶ時にランディングのかなり奥までぶっ飛んだ時には、「Wow, that was fatty!!」(ワォ!今のはでかかったな!)という感じで使うんだ。他には、かなり高さのあるクリフ(崖)を飛んだとすると、「That was such a faaaaaaatty cliff bro!!」(さっきのクリフジャンプはメチャクチャでかかったぞ!)と言えるね。

春は雪も柔らかくなるし、パークのキッカーも大きくなると思うのでみんなもfattyなジャンプをどんどん飛ぼう!

じゃ、今回はこのへんで!

Peace!!

 

お知らせ
CSBAでは3月27日~4月16日まで来年度の入学希望者を対象に留学カウンセリングを行います。
この5月からの入学希望者を優先とし日本全国でカウンセリングを行います。
プログラムにご興味のある方はまずはコチラから!

現地の様子はFacebookより

newscsba
http://www.canada-sports.net/index.html

 

LINEで送る
Pocket