ニセコはウィスラーのライバル!?

カナダ・ウィスラーで発行されている新聞PIQUEで「An inspired rival ?(奮い立たせられるライバル?」という見出しで、北海道ニセコのリゾートはこれからウィスラーのライバルになるのか?という興味深い記事がリリースされた。
 

興味深い記事を発見!

昨年、日本で最も土地代が上がったニセコだが、その要因にはオーストラリア人スキーヤー、スノーボーダーによるところが大きい。一方のウィスラーは、アメリカを中心に世界の人が土地を購入することで土地代が上がっている。

 
PIQUEでは、毎年外国人客が増えている実情に触れて「ライバルになるのか?」という大袈裟なことを伝えているけど、そもそも北米からわざわざ日本のスキー場まで行く人は少ないと思われる。ただ、オーストラリアからはウィスラーに行くよりも日本に来た方が近いし、またアジア方面の人も日本に行くのは気軽なことなので、今後、オセアニア、アジアからは日本に。そして北米はやはり北米リゾートということになるのではないだろうか。そんなわけで元々あまりスキー客を取り合うような構図にはなっていないように思われるのだが、今後ニセコがさらに国際的なスキー場になるだろうし、またウィスラーの良いところも吸収していくことは考えられる。