トラビス・ライスが個性際立つWフリップで優勝!

LINEで送る
Pocket

X-TRAIL JAM in TOKYO DOME 2006ストレート・ジャンプ速報

東京ドームにかつてなかったほどのレベルの高い戦いが繰り広げられた。世界のトップ・ライダーに交じって日本のベテラン・ライダーの平岡暁史が観客の度肝を抜くジャンプを見せた。そして優勝したのは、最後に個性際立つダブル・バックフリップのような技を決めたトラビス・ライスだった。

世界最高峰とも言えるバトルが繰り広げられた東京ドーム。

日本人予選が始まる前、残念なお知らせがあった。布施忠が昨日のクォーター大会中に膝を負傷したことにより欠場。
また日本人予選の終盤の頃、ニコラス・ミューラーも昨日の大会で脳震盪になって完治せず出場できない、とのお知らせがあった。その結果、急遽日本人枠が1名増えるという中、日本人予選は繰り広げられていたのだった。

かつてストレート・ジャンプと言えば、720を目処に勝利の行方を争われていたが、今年のレベルを見る限り、それは完全に過去のレベル。その象徴とも言うべきか、中井孝治がバックサイド900を決めて高得点をもぎ取った。
しかし、日本人予選の主役は、若い中井ではなくベテランの平岡暁史だった。高さ抜群のダブルバックフリップを完璧に決めて見せたのだ。357点で1位通過!この男気あるプロ根性を見せた平岡に会場のボルテージが一気に高まった。

ストレートジャンプ日本人予選結果
1位 平岡暁史 357点
2位 中井孝治 309点
3位 鈴木翔太 299点
4位 石川敦士 291点
5位 谷口尊人 287点

セミ・ファイナル。世界のトップ・ライダーたちが、ストレート・ジャンプの歴史を刻む最高のセッションを繰り広げる。高回転でフロントからバックサイドから、そしてスイッチから、さらにはワンフットなどなどライダーの個性を際立てる技が炸裂する。
ショーン・ホワイトはいきなりフロントサイド1080。
アンティ・アウティもショーンを意識したかのようにフロントサイド1080。
日本を代表する平岡はキャブ1080。
さらには平岡とトラビスのダブルバックフリップ対決が観客のハートを熱くする。これぞプロ魂と言える技と技のぶつかり合い。そして準決勝では、全方向から高回転を見せたマシュー・クレペルが1位となった。2位にはショーン、3位にはトラビスだ。

ストレートジャンプ準決勝
1位 マシュー・クレペル
2位 ショーン・ホワイト
3位 トラビス・ライス

1位トラビス・ライス
2位マシュー・クレペル
3位ショーン・ホワイト

写真提供:SnowBoarder誌。
さらに大会模様がわかる選手のシークエンス写真、大会詳細などぜひ次号のSnowBoarder誌をチェックを!

ショーン・ホワイトの1本目はメランコリー・グラブのキャブ1260狙い。しかし、思ったような飛距離を出せずに着地の時に手を付いてしまった。
2本目も同じ技を狙い高さは出たが、着地が決まらずに3位に。

マシュー・クレペルは1本目、スイッチバックサイド1080も着地の時、ボードが跳ねてしまいバランスを崩した。
2本目は手を付きながらも強引にスイッチバックサイド1260をメイク!

スピンマスター・コンテンスト優勝した鈴木裕司。

1本目ダブルバックフリップを狙うもトラビス・ライスは1本目ダブルコークをするも着地できず得点は121ポイント。後がなくなったトラビスだが、2本目は斜め回転(コーク)から入り、最終的にダブルバック(縦2回転)にする新技(?)を見事に決めて、両手を高々と上げた。結果、この個性際立つダブルバック・フリップが優勝につながった。
トラビス・ライスは2003年に行われた第三回大会でも優勝していて、これでX-TRAIL JAMは2回目の優勝となった。

最後にスーパーファイナルに出場できなかった選手で、スピンマスター・コンテンストが行われて鈴木裕司が1080で優勝した。

Straight Jump Results
ストレート・ジャンプ成績

1位 トラビス・ライス Travis Rice (USA)
2位 マシュー・クレペル Mathieu Crepel (FRA)
3位ショーン・ホワイト Shaun White (USA)
(以上ファイナル出場者)

4位 リスト・マッティラ Risto Mattila (FIN)
5位 ダニー・キャス Danyy Kass (USA)
6位 ヘイキ・ソーサ Hekki Sorsa (FIN)
7位 アンディ・アウティ Andy Autti (FIN)
8位 平岡 暁史 Akifumi Hiraoka (JPN)
(以上、ファイナル出場者)

9位 中井 孝治 Takaharu Nakai (JPN)
10位 鈴木 伯 Haku Suzuki (JPN)
11位 山口 睦生 Mutsuo Yamaguchi (JPN)
12位 アンディ・フィンチ Andy Finch(USA)
13位 石川 敦士 Atsushi Ishikawa (JPN)
14位 マルク・コスキ Markku Koski (FIN)
15位 鈴木 翔太 Shots Suzuki (JPN)
16位 谷口 尊人 Takato Taniguchi (JPN)
(以上、セミファイナル出場者)

Spin Master:鈴木裕司(1080) Yuji Suzuki (JPN)


http://www.x-trailjam.net/index3.html

LINEで送る
Pocket