スロバキア KINGSのコピー版に特許侵害で提訴へ!

 

KINGS will sue LINE36 as a patent infringement.
KINGS is searching for Milan Halgas and MatejMatys for a patent infringement.
If you know them, please let us know.

日本ではお馴染みのオフトレ施設のKINGS。角野友基、鬼塚雅など数多くのスノーボード・アスリートが練習を重ねて来た施設で、その効果は多くのスノーボーダーに知られている。そのKINGSのコピー版をスロバキアのLINE36という会社が勝手に建設を開始、なんと特許を持つ日本のKINGS側への承諾なしにどんどん作業が進んでしまっている。そのことに憤慨したレスポンスエンジニア(KINGS運営会社)代表の押部宣広氏が、特許侵害で提訴へ踏み切った。
その衝撃の内容が、氏のフェイスブックで発表された。(以下、その内容。)

news150622a
(作りたいなら堂々とフランチャイズ契約などして行えばいいのに。勝手に情報だけ盗みに来て、特許権侵害のまま建設するなんてあり得ない!!!)


あまりネガティブなことにSNSを利用したくなかったんですが、、
とてつもなく長いです。先に謝っておきますw

今、スロバキアでKINGSのコピーが出来つつあります。
line36.sk という施設です。
http://line36.sk/
https://www.facebook.com/pages/Line-36-Areal/440244939476032?fref=pb&hc_location=profile_browser

カラーリングまで細部にわたってコピーしてくれてます。
図面が有るのかないのか、アプローチやキッカーはひどいものです。お粗末。

https://www.facebook.com/NewSpirit.sk
このショップもお手伝いしてるらしく詳しい画像があります。

https://www.facebook.com/pages/Boardlifesk/200040183366031
このサイトにも画像があります。

なぜ、こんなところに書き込むかと言いますと
これを見て連絡したのですが「LINE36」にしても関係者にしても
全員が知らぬ存ぜぬで、担当者も「何故、お前の質問に答えないといけない?」
ってなもんです。あきれてしまいます。

話を遡ると昨年6月
https://www.facebook.com/matej.matys
MatejMatysと名乗るスノーボードのインストラクターから
KINGSを作るにはどうしたらいいか問い合わせがありました。
契約含め、丁寧にお答えさせてもらいました。

結果、最終的な契約内容等お知らせすると、彼からの連絡は途絶えました。
ここまでは、よくある話。国内でもそんな話はごまんとありました。

しかしつい最近、スロバキアでのコピーの情報が入り調べますと
MatejMatysの名前もチラホラ出てきます。
彼にコンタクトと取るも、これまた「知らない、手伝ってるだけだ」っと。
ちなみに、彼は千葉KINGSにも友人のプロボーダー達と訪れFBで見ると、小布施Questや埼玉Questにも彼らは行ってる模様。
中には日本人の友人もいましたね。

そして彼にしつこく問いただしても、無視する始末。
帰ってくるのは「Halgas」とゆう男が担当者だから「Halgas@greefin.sk」に聞けと。
担当者を直接知っていながらも「私は何も知らない」っと。
どうしてこうなったか経緯を教えてくれと言っても無視。

http://www.greefingroup.sk/kontakt.html
こちらで調べると、この会社がやるそうだ。
だが会社にメールしようがHalgasにメールしようが無視。

仕方なく大使館に連絡し、連絡してもらった。
ようやくメールを返してくるも「何故お前に答えないといけない?」
「お前は日本、こっちはスロバキア。関係ない」
っと。まあコピーしておいて偉そうです。

弊社はこのシステムにおける国際特許申請は済ませてあり無論、EUも加盟国です。しかし、訴えるとなるとそれはそれは大層な事になります。
常々「私は争いは好まない」「スマートに話し合おう」っと言ってるにも関わらず失礼な対応です。
大使館も「恥ずかしい企業で、申し訳ない」っと。
スロバキア大使館の顧問弁護士も紹介してくれました。

ナショナルチームやそのコーチも日本に訪れ、ご丁寧に調べ尽くして帰って行ったようです。
しかもHPにはその施設の紹介として千葉KINGSの動画まで貼り付けてます。

こんな施設が「子供たちの為に~」っとのたまうのです。

外人だからと欧米人だからと、異様に特別扱いする人をよく見ます。
僕はしません。

そして、これを見て彼らと親しい人がいたならば、「ちゃんと話をしろ」っと忠告してやってください。

サーフィン事業もあり、とても面倒臭いですが訴訟の準備は始めました。

海外に友人のいる方もスロバキアの施設「Line36」はフェイクだと、伝えてあげてください。
「KINGS」は日本発祥の施設です。お金が欲しいわけではありません。
ただただ、対応が失礼すぎてムカツクのです。

日本人を舐めすぎです。

コピーを認め、日本の技術をリスペクトする方向ならいいかなと考えてました。
っが、いかんせん協議のテーブルにすらつかない。悪態をつく始末です。

お願いなのですが
Milan Halgas (担当者)
MatejMatys (スノーボードインストラクター)
彼らを知る人、もしくはこの施設に関して知っている方がいれば情報下さい。
とにかく、全員がシラを切るので情報が少ないのです。

今でも、スマートに解決するなら訴訟だのは起こしたく無いと思っています。
最悪な事態にならないよう、気が向かれた方はご協力お願いします。
この記事が拡散され、彼らに届くことを願います。

あ、ついでに国内のコピー会社さんもいい加減にしときなさいね。
面倒くさいから放置してるだけですよ。
特許を国内移行し審査請求に入ってますので下りれば
項目にかかっている施設はアウトですよ。