ショーン・ホワイトのゲームの売上は300万部以上

LINEで送る
Pocket

ショーン・ホワイトのゲーム『Shaun White Snowboarding』をリリースしているUbisoftは、ゲームソフトの売上が全世界で300万部以上であることを発表した。

全世界で300万部以上の売上!

この『Shaun White Snowboarding』は、2006年冬季オリンピックの金メダリスト、スノーボード界でも最も有名であるショーン・ホワイトが監修。このゲームでショーンは、プレイヤーの友達としてゲームに登場し、ライディングのコツを伝授したり、プレイヤーと勝負したりする。また、プレイヤーは実際に世界のコースを滑っているような、リアリティあるスノーボードを体感することができるということだ。

このゲームを通して、室内に篭っていたキッズが実際に雪山へ行きスノーボードを体験するといいね。

ところで、ショーン・ホワイト、その年収は9億円以上とも言われる。その額は、もはや日本を代表するプロスポーツである野球選手のトップ年棒でも敵わないほどだ。いかにアメリカでスノーボードのプロというものが、認知されているかということがわかる。9億円というとビックリする数字だけど、こうしてゲームが売れるとその額にも納得か!?

ちなみにショーン以下のプロ選手の年棒となると、大きく下の額になり、ダニー・キャス、トラビス・ライスで1億円以上。女子では、トーラ・ブライト、グレッチェン・ビューラー、ハンナ・テーターが、7千500万円以上と言われている。

日本でもいつか夢のミリオンダラー・プロが現れて、さらにスノーボード業界を活性化してもらいたいものである。

 

LINEで送る
Pocket