ショーン・ホワイトが一気に二冠!

LINEで送る
Pocket

X-TRAIL JAM in TOKYO DOME 2006クォーターパイプ速報

ショーン・ホワイトはやっぱりうまかった、強かった。五輪金メダリストの参加で注目度がグーンとアップした今年7回目を迎えたX-TRAIL JAM in TOKYO DOME 2006。一日目に行われたクォーターパイプで、ショーン・ホワイトが優勝とハイエスト・エアー賞という栄冠に!一気に二冠を達成に成功した。

トリノ五輪のメダリストが勢揃いし期待が高まる。Rの使い手がうまいライダーたちが、R競技で最も高さを出せるクォーター・パイプに挑むのだ。壁の高さは、6メートルで、ビルの2階の高さもある。

参加できる選手はたったの16名だ。
外国人招待選手10名の他、昨年6位入賞でシード権を獲得した増田塁輝、日本人予選で勝ち上がって来た5名、村上大輔、鈴木拓巳、中井孝治、村上史行、ライオ田原がクォーター・ジャムに出場した。

昨年突然の引退表明したレジェンド・ライダーのテリエ・ハーコンセンが最初のセレモニー「ありがとう!テリエ」に参加した。この大会をずっと盛り上げて来た功労者が登場することにより、この大会の意義を改めて確認できる瞬間。各選手もきっとこの歴史と栄光の大会の意義を改めて感じて、気合が入ったことだろう。

そして、いよいよジャムが開始。
参加する選手16名が2つの8名ずつのグループに分かれて、20分間のバトル!体力があれば、何本でもハイクして挑むことができる過酷な戦いだ。
今年もライオが高さを狙ったパフォーマンスを見せれば、昨年の覇者ニコラス・ミューラーがワンフットでハイレベルなエアーを披露する。

決勝では村上大輔がマックツイスト720により高得点を出した。
外国人招待選手も1080以上の高回転、高さあるエアーで攻める。
徐々にこのクォーターに慣れたトラビス・ライスが調子を上げて行き、リスト・マッティラも高得点技を重ねて行った。

優勝はフロントサイド1080の他、マックツイスト、チャック720など多彩な技を繰り出したショーン・ホワイト。見事にハイエスト・エアー賞も獲得!

2位には同じく安定感ある高回転を繰り出したアンティ・アウティ、そして3位にリスト・マッティラが入った。
日本人ではスタイルあるフロントサイド900を決めた村上大輔が見事に6位に入った。

今夜はいよいよこの大会の華とも言えるストレート・ジャンプ大会だ。ショーンがまたしても表彰台のてっぺんに立つのか、それともあの選手が優勝をもぎ取るのか、こうご期待!

1位ショーン・ホワイト
2位アンティ・アウティ
3位リスト・マッティラ

写真提供: Snowboarder誌

QuarterPipe Results
クォーター・パイプ成績

1位 ショーン・ホワイト Shaun White (USA)
2位 アンティ・アウティ Antti Autti (FIN)
3位 リスト・マッティラ Risto Mattila (FIN)

4位 トラビス・ライス Travis Rice (USA)
5位 ニコラス・ミューラー Nikcolas Muller (SUI)
6位 .村上大輔 Daisuke Murakami (JPN)

Highest Air賞:ショーン・ホワイト(4m90cm) Shaun White (USA)

日本人予選結果(上位5名選手が決勝へ)
1位 村上 大輔
2位 .鈴木 拓巳
3位 中井 孝治
4位 村上 史行
5位 ライオ田原

6位 石原 崇裕
7位 工藤 洗平
8位 近藤 勇二郎
9位 谷口 尊人
10位 .布施 忠


http://www.x-trailjam.net/index3.html

LINEで送る
Pocket