シモン来年はムービー最高峰のマックダグだ!

LINEで送る
Pocket

シモン・チェンバレンが、来シーズン発売のムービーMACK DAWG(マックダグ)に出演することになった。世界でも最高峰のレーベルに出ることで、いよいよシモンのメジャー人気が加速しそうだ。

メジャーに出演が決まり、ますます世界的な人気が広がりそうなシモン。

このマックダグの出演に関する情報は、直接、本人が明かしたもの。マックダグは現在、往来の流れを汲むメインの作品(今季ならPicture This)と昨年からリリースされている新クルーの作品(今季ならWe’re people too)があるが、シモンはこの後者のピープルの方に出るとのこと。

またシモンの登場により、看板スポンサーであるNomisもこの作品に協賛することになった。

これまでシモンの定番とも言えたショーン・ジョンソンのDefective Filmsは、来年リリースされない模様だ。
ただ、ショーンがオーナーを務めるStepchild SnowboardsのPRを兼ねた作品は、再びダウンロードで登場する、という話も出ている。

Nomisライダーをフューチャーした作品のリリースは、只今協議中だ。

 

dmkサイトの日本語表示についてお知らせ

dmkの日本語表示について、時々、読者の方からご指摘を受けるので、いくつか発表します。

○マックダグ ×マックダウ
○トランズワールド ×トランスワールド

以上の2つは、英語読みを基準にして決めております。

○ウェアー ×ウエア
○エアー ×エア

以上の2つは微妙な感じですが、こちらの方が英語に近い、きれいに聞こえる、見た目が良いのでは?という判断の元、そのようにしています。

○今季 ×今期

英語ではnext season。つまり次の季節という表記だし、季節もののスポーツだと考え、「季」という言葉を使っています。

その他、誤字脱字が多いのは、最終的ニュースをリリースしている当サイト責任者フサキの落ち度です。いつもご迷惑をおかけして申し訳ございません。
しかし、ニュースは7年間、毎日更新!
また、通常、専門誌でも一人から3人は、文章の校正に携わり、その他、よりご立派な雑誌社の場合には、校正者を雇うことができるので、誤字脱字が少ないという部分もあります。
ともかく、これからも毎日ニュースをアップして、ビジネスの規模は徐々に拡大しつつ、将来、校正のお手伝いの方を雇えるぐらい頑張りますので、よろしくお願いします!

dmk責任者・飯田フサキ

LINEで送る
Pocket