【DVD感想記】Heart Films / Vol.5

LINEで送る
Pocket

申し訳ないけど、今回は仲間ということで、久々に厳しくフサキ節炸裂させますよ!
これも、応援しているから、ということで聞いてくれるとありがたい。
 

一言で言うと、身内で楽しんでいるだけだ。
これでは、彼らが目指すゴール、一般のスノーボーダーには伝わり切れないだろう。
全員が同じように見えてしまう現実がある。
 
僕は、彼らのことを一般の方よりは知っているから、彼らの成長も、ある程度の個性というカラーも見える。
しかし、もっともっと欲張って色を出さなくては、いけない。
これはライダーに限らず、制作側にも言える。
 
例えば、音楽が全部似ている感じで、それぞれのパートの個性を出すという意味においての大胆さはない。
 
それと細かい点だけど、カメラマンの声は、基本的に消した方がいい。
なんか凄いことをやった時、「イエー!」とか、言う掛け声は、本来、見ている方が思わず言うのであって、カメラマンの方から言われてしまうと、引いてしまう部分がある。もちろん、その掛け声を意図的に、使うのならいいけど、やたらに使い過ぎているという部分があるように思える。
この点は、実のところ以前から気になっていた。
 
 
それぞれのパートに付いて、述べよう。
 
一海。
パートを残せたけど、まだまだ。
彼が世界トップ・クラスのハーフパイプ・ライダーであるというストーリーを知っている人にとっては、バックカントリーをやっているところに興味深さもある。しかし、純粋にパートを評価する時、まだ味気ない。
一海は、スタイル抜群のエアーもできるのから、ジャンプ台を作ってしまって、そこでのパフォーマンスも見たかった。ハートならではのナチュラル感を強調するのにあまり、彼の個性を出せ切れなかったように思える。
ポテンシャルという点では、一番期待できるだけに、今季の飛躍を期待する。
 
トモ。
ずいぶん、成長したことは認める。正直、このパートを最初に観た時、とても嬉しかった。
しかし、冷静に考えると、まだまだだ。
ターンにしてもジャンプにしても、スタイルが弱い。。
もっと、自分のスノーボーディングをマニアックに追及しないといけないし、そういうことがわからないようでは厳しい。
トモならではの玉砕覚悟の雰囲気が伝わる躍動感は出ていたので、今からスタイルを研究してシーズンインに備えてほしい。
大雑把と躍動感を混合せずに、躍動感はあるけど、もっとマニアックになってほしいのだ。
それができた時、さらにトモは開花するように思う。

ユータ。
合格点を出せるパート。
シュートを攻めているという個性が出ているし、その中で意外性あるトリックも見せる。
そして、カッコ良いターンも見せれる。今の日本では、際立っているスタイルの持ち主とも言えよう。
しかし、もっと頑張れるぞ!
 
ユタカ。
彼の攻める姿勢というのは、出ていて良かった。
特に巨大クリフを攻めるシーンは見どころだ。
 
フータ。
この中では、一番の実力者ではないだろうか。
それだけに、もっとエースなフッテージを残してほしかった。フータが際立ったカッコ良さを見せることで、ハート全体が良くなる。それができるライダーだと思うので、もっと他を圧倒するカッコ良さ。世界に、日本人のフータあり!というところを見せれるようになってほしい。
 
 
ハートの制作のテーマは、海外のような広大な環境で、日本人でも外国人ライダーに負けないものを見せる!というもの。そういった意味で、ウィスラーのバックカントリー・シーンが主体になるのは理解できる。しかし、そのことが同じような画ばかりになる要因でもあるので、そこを変える努力も必要だと思う。
日本国内のシーン、またアラスカなど他の撮影スポットも考えてみてほしい。工夫するってことかな。
 
各ライダーで、オレだけがこの撮影場所がある!というものもほしい。
 
チームのセッション感が伝わるシーンもあるべきだが、各ライダーのオリジナリティが強調される画がほしいのだ。
バックカントリー主体でいいが、もっと大胆にゲレンデ内の画や、パークでの映像もあって良いと思う。
 
ともかく、ハートの制作側が思っている以上に、一般のスノーボーダーが付いて来ていない、という厳しい見方を改めて考えてほしいのだ。そうしないと彼らに未来はない!

今、スノーボード業界は難しい状況だけど、彼らは今季も海外に行って、バックカントリーを攻め、スノーボードの凄さを探求していくに違いない。それは、とても大変なことだ。
だから、これからも応援したいし、もっと成長した姿を見せてほしい。海外作品の中に入って、日本人でもできる!という大和魂を見せてほしいのだ。
成長はしている。だけど、もっともっとだ。

そして、ぜひ、今、これを読んでいるみんなも日本人ライダーで世界に戦っている若武者がいることを知ってほしいと思う。


出演ライダー:
安立 風太、村木 由隆、井上 智秀、 渡邊 雄太、 藤田 一海 他

 

Heart Films Vol.5、ご購入は以下、DMK DVD STOREにて!


http://dmksnowboard.com/dvd/
 

 

LINEで送る
Pocket