【COCレポート】トースタイン&リョウキが夢のセッション!

LINEで送る
Pocket

まだ17歳。カナダ・ウィスラー在住で日本スノーボード界の新兵器とも言われる小川リョウキが、世界を代表するスーパースターのトースタイン・ホグモと夢のセッションを実現させた。

リョウキがトースタインと夢のセッションを実現させ、最後は仲良く記念撮影。

トースタインは、昨日、ずっとジブ・ラインを流していたのだが、どうしてもダウン・フラットのレールで決めたいトリックを決められないでいた。そのトリックとは、スイッチバックサイド180インからキャブ・アウト。

そこで業を煮やしたのか、ハイクアップを繰り返して攻めたのである。撮影する者は、本記者のみ。トースタインとはまだ名の出ていない頃からの付き合いだが、こうしてマンツーマン撮影するのは、久しぶりだ。あいかわらず小気味よい早さのハイクを繰り返し、無尽蔵の体力ぶりを見せてくれる。

トースタインは、3度目のトライで早速決めて、さらに様々なトリックにチャレンジしていった。

そんな中、割り込んで来たのは、リョウキだ。
リョウキは、現在Camp Of Chamipionsのソルティーマン(注:コース整備の塩撒き係)のワークをしながら、毎日、COCで滑っている。この夏も休んだのは、たった2日間だけという熱の入りようだ。

トースタインの熱とリョウキの熱が重なり、ダウン・フラット・レールはヒートアップしていった。

リョウキがやったのは、バックリップ・フロントテール、バックサイド180インからのリバースでバックサイド180アウト、バックサイド270イン、スイッチキャブ180インからの5-0、スイッチバックサイド・ノーズなど。

トースタインがやったのは、バックリップ・フロントテールのレギュラーとスイッチ、そしてスイッチバックリップ270アウトなど。

トースタインは、リョウキの頑張りぶりを見て、同じトリックをやり合おうと声を掛けたり、またリョウキにマンツーマンでアドバイスして、セッションを楽しんでいた。

そして、ハイクをするたびに、記者にも声を掛けてくれた。
「この感覚、久しぶりだ。おもしれえ!」「今度はスイッチ側もやるよ。」など。

まるで子供のように目を輝かせながら、ハイクをしてはトリックにトライするトースタイン。それは怪物という姿ではなく、無邪気に遊ぶ少年のような姿に見えた。

僕たちは、結局、この日、誰よりも遅くまでブラッコム・グレーシアに残り、セッションと撮影を楽しんだ。
リョウキにとっては、最高の良い思い出となったに違いない。トースタインの刺激を受け、さらにこの夏、パワーアップするリョウキに期待大!

同じトリックをやり合い楽しんでいたトースタインとリョウキ。さらにリョウキはマンツーマン・レッスンも!
左)リョウキには負けないぞ!とばかりにセッションに参加したダンくん(阿刀 暖)もカナダに来て確実にレベルアップしている。
右)調子を上げて来たシゲ(藤田一茂)は、巨大キッカーでフロントサイド720を決めた。

左)天気は曇りだったけど、何かをやろう!ということでバックフリップで遊んでいたアツシ。
中)初カナダで燃えていたインダレスのヨシ(伊藤慶洋)。今後が楽しみなライダー。
右)コイツはヤバイぞ!ステップチャイルドのアレックス。今後のCOCレポにも出て来そうなライダー。

 


http://campofchampions.com/


LINEで送る
Pocket