【最新DVD感想記】POSER7S PRODUCTIONS – FIRST CHILDREN 12 デンジャラスマーチ

LINEで送る
Pocket

このコーナーは、dmkフサキ編集長による最新のスノーボードDVDの視聴感想記です。 ご購入の際にご参考ください。

FC – DANGEROUS MARCH

国内において、最高の販売数を誇って来たモンスター・レーベルFC。
思えば、あのブラッコムのウィンドリップでぶっ飛んだ時に雄たけび「オシャレ~!」から12年もの歳月が経ったのだ。
あの時、まだ国内レーベルが無に等しい時代、ギラギラに素人感をまる出しした作品は、当時のスノーボーダーたちの心を鷲づかみした。

今回の12番目の作品のデンジャラスマーチも、あの時の情熱が冷ますことなく、熱くて、楽しくて、何より「滑りてえ!」という気持ちにさせてくれる陽気な作品に仕上がっている。

FC重鎮のヤッサン、原ユウジ、トンチンという常連メンバーが、あいかわらずFCらしいユーモラスをかもしだす。しかもヤッサンは今なお元気に滑っている姿で、カッコいいフッテージ(映像)を残してくれるのだ。

冒頭パートは、Nomisライダーの江渕の大ちゃん。相変わらず、どM的にストリート・レールを攻めて、ビシっとこの作品の先陣を努めあげた。お見事!

途中、鬼塚雅ちゃんも登場し、キッズ・ライダー最高峰のジブ・テクニックを見せてくれる。

そして、何と言ってもスピンマスターのチョコバニラボール新井のシーン。激しく楽しいスピンの舞を見せる。この楽しさは、ぜひ本編を見てチェックしてほしい。メチャクチャにおもしろいので、設定はあえて言わないよ。

普段、海外ビデオを見慣れている人にとっては、FC作品は邪道に見えなくもない。出ているライダーが、決して海外レベルでもないし、撮影テクニックや編集にしても海外ビデオにあるようなクリエイティブ感がない。
だけど、この作品にはどのビデオ・タイトルにもないような高揚感を与える。

楽しい物を提供するのがこの業界においてのFCの使命」というヤッサンの言葉の通り、日本のエンド・ユーザーまでを意識して、楽しい作品に仕上げている。
何よりも、音楽が最高に良いではないか!気分を盛り上げてくれるぞ。

先の感想記で紹介したレッドアイズが王道・全日本プロレスとしたら、こちらはメジャーにも負けないほどインパクトを与えた邪道・大仁田 厚FMWと言ったところか。いや、エンターテーメント路線で台頭したハッスルか!?

ともかく、楽しいよ。昨日、スノーボードをはじめた人が、最も楽しいと思える作品かもしれないね。そういった意味では、幅広いユーザーに送り届けることができて、今季もセールス日本一かな。

出演ライダー:
江渕大輔、チョコバニラボール新井、原祐司、田栗賢二、とんちん、佐藤康弘、小川雄丸、鬼塚雅、田沢豊、岩村和彦、山口たてき、吉田キャシャーン、石山こうた、渡辺たかし 他

制作: POSER’S PRODUCTIONS

LINEで送る
Pocket