【帰ってきたDr.ビーバー】あなたの滑り直します!

LINEで送る
Pocket

全国の上達できないお悩み患者さんを診断してしまおう、というコーナーです。
診断するのは、この道20年以上のドクター・ビーバー。
これまで世界の多くのスノーボーダーを診療してきた。

特効薬を飲めばたちまち健康ライディングができますよ。

今回はボックスでノーズプレスを行う患者さんです。

ヤジロベエ病


病名の語源:
日本の伝統的な玩具、バランスを取るヤジロベエのようなので。今の子供は、こういう遊び、やらないのだろうなあ。

診断書
ナローボックスで前に体重を傾けノーズプレスしている患者さん。手を伸ばして身体を傾ける姿が、まるでヤジロベエのようだ。

一見すると決まっているように見るが、体重をともかく前に持っていきプレスしている形になっている。特に頭が必要以上に前に行ってしまった姿は、アンバランスに感じる。これでは安定感があるボックスではこなすことができても、よりシビアなバランスが必要になるレールでは、転倒する可能性が大。

より安定感を高めるために、特効薬を。

シモン先生の特効薬

1 前ヒザをしっかりと曲げた状態で、頭の位置はボードの延長線にあるようにする。この姿勢を、まずは平地のところで行い、しっかりと正しいポーズを頭に叩き入れること。

2 実際にボックスに入ったら、両手の高さが同じくらいになるようにする。すると前肩が下がらずに、もっと軸を安定したノーズプレスができるようになるだろう。

トリックとしては、メイクっているので、あとはスタイルの修正だけね。修正イコール、より安定させるってこと。つまりより安全にスノーボードができるってことだから。常にスタイルを磨く向上心を持ちましょう。

LINEで送る
Pocket