【レポート】2013 dmk ワタキチ北海道ツアーinルスツ

LINEで送る
Pocket

日本が世界に誇るカリスマ・コーチの綿谷直樹さんと、これまた世界でも有名なパウダー地帯として言われる北海道。
この2つが合体すれば天下無敵の楽しいキャンプになること間違いなし!
って言いたいところだけど、初日は掟破りのガリガリ・コンディションだった。アチャー。
しかし、ここはdmkパワーで盛り返したいところ、果たしてどうなる!?

今年も行われた恒例、2013 dmk ワタキチ北海道ツアーinルスツ。
いつも楽しいレポートを届けてくれるマスミさんがその模様をご紹介してくれます。

photo:naoki wataya/masumi

一日目

春風

「あ、暑くないか?」
集合時間は7時、もちろん早めに集合するのが大人としてのエチケットだ。
この季節のその時間ならば、指先がかじかんで息を吹きかけながら完全装備でないと、外なんて歩けないぐらいなのに。

その日の最高気温は東京でな、なんと「21℃!」4月中旬の気温ではないですか!数日前からチェックしていた滑走の地「ルスツリゾート」の天候も2/2は雨マーク。ショボン。

関東より寒いところから来たクラブ員は暑いx2を連発。富山のマユミちゃんに至っては、前部脱ぎたいとのまさかの軽犯罪発言。おまわりさ~んこの人で~ス。

今回のメンバーは15人。羽田からはマユミちゃん、カジちゃん、マーちゃん、マキネー、アンディー、ケンジ、ミックン、キッシー、エビちゃん、ユウキちゃん、ムラッチョさん、マスミ。初めて参加する人がいないのはチョット残念だけど、僕自体が久しぶりの北海道なので、久しぶりに会うクラブ員に気持ちもウキウキしますよ。

珍しくあまりバタバタせず、順調に集合。ムラッチョさん「あれ?集合場所って3番だったっけ」と指定した本人がボケをかましてくれるのは、いつものdmkクオリティーです。

 (続きを読む→http://www.dmksnowboard.com/club/8506


http://www.dmksnowboard.com/club/
http://www.facebook.com/DmkSnowboardClub

 

LINEで送る
Pocket