【コーチ・コラム】カナダのスノーボードターン技術③

LINEで送る
Pocket

文:高石 周
随分前にカナダのターンメソッドの基本「5スキル」をご紹介し、そしてまずはすべての基本と「立ち方、姿勢」を学んでもらいましたね。
今回はその「5スキル」ピラミッドの下から2番目の土台となるスキルをご紹介しましょう。

news140524b
2.「Pivoting & Steering」

前回ご紹介した「立ち方、姿勢」ができれば、まずは真っ直ぐ滑り降りることは可能です。
しかしそこからどのように次のアクションを起こすか?
良い姿勢で立っているだけでは何も起こりませんので、ここから運動のキッカケが必要になります。
この場合のアクションとは、例えば「ターン、止まる」などですね。
今回はターン技術についての話なので、今回は「ジャンプ」などは考えないことにします。

真っ直ぐ滑っていた状態からターンしたり止まったりするということは、板が何らかの動きをするわけです。
単純に言うなれば、つまり板が真っ直ぐの状態から横を向くということですね。
この板を横にするのに今回の「Pivoting&Steering」のスキルが使われるということです。
 
<Pivoting>

これは軸の回転運動のことを言う単語ですが、今回スノーボードで言う場合の「Pivoting」は上体の回転運動と解釈しましょう。
分かりやすく言うと、竹とんぼやヘリコプターのような動きです。
主に上半身を回転させて下半身を横回転させる、つまりスピンを掛ける動作と同じです。
この場合板は回転して横を向きますが、エッジを積極的に立てることにはなりません。

初級者のうちは下半身のバランスがグラグラなので、この上半身による回転運動で板を横に振るスキルが有効です。
しかしエッジを積極的に立てることはないので、ターンの中盤まではほぼフラット(ノーエッジ)で回っていきます。
エッジが立たずに板だけ回すと言うことは、つまり回転弧は描かずに、ただ板がスピンしながら横に流れていくだけなのです。
この初級者のターンでエッジが立ってくるのはターンの中盤以降、時計で例えるなら4時や8時あたりからです。

エッジが立ってくるという事象は、例えばヒールサイドにあった腰がトーサイド側に移動してきたときに起こるわけですね。
初級者はこの腰の移動を意図的に、また積極的に行うことはできません。
ですから板がフォールラインを通り過ぎる際に、自然に体が山側に倒れて腰が移動するのです。

中級者になるとこのエッジからエッジへの腰の移動を少しコントロールできるようになってきます。
よくある中級レベルの腰移動の方法は、まず頭を先に入れて徐々に腰を移動させるという方法です。
スティービーワンダー的な動きですね~。笑

この方法で腰の移動は可能ですが、しかし毎回上体が左右に大きく動くことになりますし、エッジが立った際の立ち方(姿勢)もゆがんでしまい、斜度がきつくなったり、斜面が整地されていなかったり、スピードが出てきたときに対応に苦しむことになります。

そこで次のスキルです!
 
<Steering>

このスキルは板を横に振る回転運動とは違い、板をトー、ヒール、トー、ヒールとパタパタと傾けるスキルとなります。
簡単に言えばエッジからエッジへというふうに板を動かすスキルですね。
スノーボードにはサイドカーブが施されており、エッジを立てるとそのカーブに沿って板が弧を描けるように作ってあります。
良い姿勢から真っ直ぐ滑ってきて板を倒すと、つまり弧を描いて板はどんどん横を向き進行方向を変えることになります。
ただし先に書いた中級者のように頭から入るのではありません。
上体をできるだけ真っ直ぐ安定させたまま板を倒すにはどうするのでしょうか?

上体はできるだけ安定させておくということは、上体は動かさないようにしておきたいわけですね。
ということは動かせるのは下半身です。
上半身で運動のキッカケを作った場合、板に反応が現れるまでに時間差が出ますね。
しかし下半身はより板に近いですから、下半身によるキッカケ運動はより早く板に反応が現れます。

腰を一方から一方へ移動する場合、一気に腰を動かすと急激にエッジが立ってバランスも保てなかったりしますね。
こう考えてはどうでしょう?
前の腰を先に移動して、その後に後ろの腰がついて来る。
このような腰の移動であれば、急激にエッジが立ってバランスが難しくなることにも対応できますよね?

しかしそんなことどうやってやるんですか?って聞こえてきそうです。笑
この腰の動きを可能にするのは前のヒザと前の足です!
 
続きはこちら!
http://sportscoaching.blog72.fc2.com/blog-entry-1029.html
今週でとうとう今季のスノーボードウィズのレッスンが終了です!
同時に来季のレッスン受講者を募集いたします!
期間は短期から長期まで、幅広く皆さんのスケジュールに合わせることが可能です!
来季からの受講はレッスン以外にも得点が盛りだくさん!
お得なプログラムはこちらから!
http://snbw.net/program%20&%20fees.html
他にも1週間の短期集中キャンプも企画可能です!
大学のサークル、スノーボードチーム、ショップのグループなど、お早めにご希望をお知らせください!
必ず満足するキャンプをご提供いたします!
ご紹介くださった方には特典も!
まずがお気軽にお問い合わせください!!

 

 

LINEで送る
Pocket