【インタビュー】布施忠LSPの監督・撮影を一手に手がける! 越路 太郎

LINEで送る
Pocket

今季注目のウェブ・エピソード、LSP DAYS IN WHISTLER。
この作品は、布施忠だけをフューチャーした作品で、ウィスラーから配信されている。
この作品を立案し、撮影・編集を一手に手がけるのが、今回の主人公、越路 太郎だ。
布施忠を最もよく知る人物だ。

忠一人フューチャー・プロジェクトという大胆なアイデアがどこから生まれたのか?
さらにHeart Filmsから飛び出し、LSPを発足させた経緯などかなりディープなところまで突っ込んだ。
注目のインタビューだ。

Interview by Fusaki Iida

今回は、Lifestyle Projectで布施忠と共に撮影している越路 太郎さんです!
今季のLSP作品は、忠一人で行くと聞いて驚きましたよ。
これまで、アキ(平岡暁史)とコニ(小西隆文)、ショータ(鈴木翔太)もいたのに、忠一人となった理由は?

今シーズン、アキとコニは他のフィルムカンパニーで撮影することになったんですよ。オレ嫌われてんですね(笑)。
ショータはシーズン中に子供が生まれるので、今シーズンは休憩。
それでどうしようかと思っていました。そこで思い出したのが先シーズン一ヶ月弱の撮影で忠と北海道に行ってる時、忠が来シーズンは良い映像を残すためにシーズンを通してウィスラーで撮影すると言ってたことです。
忠をシーズン通してウィスラーで撮れるチャンスだな、と思い「やろう!」と言うことになりました。

正直、僕も忠一人で行くと聞いた時、驚いたけど良いアイデアだな、と思いましたよ。
というのも以前、マルくん(注:世界を代表する日本人フォトグラファーのDice-K Maru)と飲んでいた時、マルくんが「忠一人でやるといい!」と提案していて、ああ、なるほど。確かにそれはインパクトあるな、と思っていたので。
そして、すでにエピソード5までアップしたけど、凄い映像残していますね。
ここまでやって来たご感想は?

わかりきってたことなんですが、忠は本物のプロフェッショナルスノーボーダーと言うことを再確認しましたね。今シーズン1ヶ月に2回のペースでDAYS IN WHISTLERをアップしてますが、そのエピソードごとのライディングのクオリティーを見てもらえばわかる通りライダーが忠一人だと凄く撮影効率がいいんですよ。山でスポットを見つける早さや遠くからそこへ行く道のり、雪質などの見極めが桁外れに早いですね。 生活も一緒にしてるので常に撮影のミーティングができコミニケーションも取れてるし、自分もかなり勉強させてもらってます。
今、エピソード5まで制作しましが今回のプロジェクトはかなりやりがいがあって、充実してますね。
まだ見つけたけど、やってないポイントや奥まで探索してないエリアがあるので残り少ないシーズンを全力で行きたいです。

(続きを読む→http://www.dmksnowboard.com/interview/8776

 

 

LINEで送る
Pocket