【インタビュー】スノーボード業界のステッカー屋さん/上田敏雄

LINEで送る
Pocket

今回のグローバルインタビューでは、ひじょうに特殊な職種の方にご登場願います。
それは、スノーボード・ブランドなどアクションブランドマーケットで、ステッカーを作る業者、『斬字屋』オーナーの上田敏雄さん。

斬字屋では、個人事業ゆえにこだわりを持ってステッカーを制作し、その技術や商品は、日本に留まらず世界にも注目されています。
多くのスノーボード・ブランドとのお付き合いが多い業種だけに、業界のことに関してもくわしい。

今回は、ショップの店員だった上田さんが、おもいきって創業に至った経緯や、業界再生のためのヒントとなるアドバイスを伺いました。

インタビューアー: 飯田 房貴(いいだ・ふさき)

今日は、斬字屋さんの上田さんです。
以前、僕たちはミナミでいっしょに働いていて、「うえだ」って、呼んでいたけど、今回は親しみを込めてブーチャンで呼ばせていただきますので、よろしく願 いします。

よろしくお願いします。前の職場の先輩は、「ブーチャン」か「うえちゃん」でしたので、フサキさんの呼びやすい方で!

早速ですが、ブーチャン。僕達の出会いはミナミ時代に遡ります。15年とか、それ以上前の話しですね。僕が以前、ライダーをやっていて、ブー チャンは店員さんでした。
当時から、しっかりと仕事をやっているという印象を受けていたのですが、そもそもミナミからステッカー屋さんに転身したきっかけって何だった のですか?

いろいろなことが重なり合っていたのですが、ミナミの先代会長の教えの「お客様第一主義」を貫きたかったのが理由です。また、ライダー向けに 少ない量でも安くステッカーを製作制作できれば喜ばれるかも、というのがきっかけですね。たぶん、自分が携わったことで、相手が喜んだり驚いてくれることを大切にしたかったからだと思います。

(続きを読む→http://www.dmksnowboard.com/interview/8758

 

 

 

LINEで送る
Pocket