コブの楽しさキャンプの魅力を語る/吉田 美和

LINEで送る
Pocket

昨年あたりから一部のクラブ員の間の参加で盛り上がっていたコブ・キャンプ。クラブ会長アヤ(別名dmkクラブの拡大スピーカー)が楽しんだキャンプだけにその噂は、たちまち多くのクラブ員に知られるようになった。そして、その声に反映して遂にdmkクラブ活動の中でコブキャンプが行われることになった。このキャンプを指揮するのはご存知、吉田&稲川デモ。今回はこのキャンプ立ち上げた吉田美和デモにアタックしたぞ。

PHOTO: KSD

フサキ(以下F): dmkクラブでは美和さんのコブキャンプは前から評判が高く、遂にコブキャンプが実現するわけですが、コブに関する魅力を?
美和(以下M): なかなかうまく滑れないところ・・・かな?え?って思うかもしれませんが、難しいからこそチャレンジするおもしろさがあるんです!気を引き締めてかからないと滑れない、一生懸命になれるのも魅力ですね~。

F:スキーと違ってバランスの取りにくいスノーボーダーはコブを敬遠しがちだけど、美和さんはコブに対する違和感とかはなかったですか?
M:初めはすごく違和感がありました。でも上手くなれそうな気がしたので周りのスキーヤーの滑りを見たりアドバイスをもらいながら格闘しましたね・・・初めの頃はコブによくもて遊ばれた(-_-;)・・・

F:コブを上達するのは難しいように思えるけど、どのような過程で上達して行くのですか?
M: まずは斜面でズラして滑れるようになることです。そしてズラしながら抱え込み抜重をします。その後コブに入ります。コブは緩斜面、急斜面の連続なのでノーズを斜面の下へ落とす時に勇気を持って前足に体重をかけていきます。最初はなかなかノーズを落とせないしボードもズレないもんです。あとはひたすら果敢にラインに入って行くのみですね!

F:そもそもコブはどこを滑る意識なのでしょうか? つまり溝とか頭とか?みんなどこでターンしていいかわからない、と思うのですが。
M:コブの頭の脇から裏を溝に向かって横滑りをして、溝にはまったら吸収動作と重心移動を同時に行い、ノーズをコブの裏に落としていきます。

F:最終的にコブが滑れるようになるとアグレッシブになったり、またバランス感覚なども良くなると思いますが、その他何か効能とかありますか?

M:コブの中でスピードコントロールをするにはずらさないと滑れません。上手にずらすためには体にまっすぐな軸ができていないとだめなんです。これはショートターンをする時にも言えることですよね!
バランスがよくなるとともに体の軸ができますし、脚の関節を動かさないとコブを吸収できませんから関節を動かせるポジションも見つけられます。そうするとシーズンに入ってからのゲレンデはほんとに楽に滑れるのです!ちょっとしたギャップなんてなんのその!ですよ~♪

F: 美和さんは今、デモンストレーターですが、デモになろうと思ったきっかけは?
M:す、すみません、、、先月末に6期デモ選があったのですが・・・、大失敗してしまいまして、、、(^_^;) ありゃりゃ。

F:何かとんでもないミスでも?
M:はい~~フリーライディング(不整地)で調子よく滑っていたらわけのわからないうちに転んでしまったのと、、もうひとつのフリーライディングで誰かに足を引っ張られたようにバタンと転んでしまいました(-_-;)・・・そしてオブスタクルレースでゴール前の大きい山を越えたあとにバランスを崩して転びながらゴールをきりました(^_^;) 極めつけは、ラップを狙ったスラロームでコースを外れてしまったんです、、、(-_-;)、、、ね、、ミスばっかりでしょ!!ほんとにこれほど集中できなかった大会は初めてですね・・・。だけどこれからも方向性や、やることは変わらないので!
デモになったきっかけですが、最初はデモになろうと思って大会に出たわけではありません。第1回テクニカル選手権大会に力試しで出てみよう!と思ったらデモ枠内に入ってしまったのです。だって1回目は9人しか出ていなかったので ・・・。

F:突然、デモになってから戸惑いとかは?
M:デモンストレーターとはなんぞや?!と初めは何をしていいのかよくわからずにいましたが、もともとインストラクターになったのもボードの楽しさを伝えたい!という思いからだったので、それがもっともっと広められるようになったし、勝手に使命感にかられて今まで来たっていう感じですね(^^)

F:今までやって来た実績、またネームバリューなどあるし、もしかしたらここでの失敗は将来の飛躍のきっかけかもしれないですね?

M:何でもいい方に考えるのが得意なので、これは何かのきっかけかな?と思っています。これから何がおこるのかとっても楽しみです♪

F:コブ・キャンプと言えば、稲川デモのことも。噂ではかなりユニークなレッスン方法を考えてくれるとか。美和さんの方から紹介コメントをお願いします。

M:コブデモと異名をとるほどコブが得意な稲川くんがもうひとりのコーチです。発想が突拍子もないところから出てくるのはほんとに不思議ですね・・・ある意味才能、、なのかな?(^_^;) ちょっとテンション高くてついてこれないかもしれませんが、みなさんどうぞ宜しくお願いします。

F:稲川デモとは、お互いデモということで知り合ったのですか?
M:オガサカチームで一緒に練習していたのですが、、、そうですね~ほっとけなかったからかな?いや、、、騙されたのかも、、、(^_^;)
昨年の5月20日に挙式で、、なんと3日後には月山キャンプに山形へ向かいました!結婚後は赤倉を拠点として落ち着いた、、ように見えますが、やはり今までと変わりなくあちこちへ飛び回っています・・・増えるのは洗濯物ばかり、、、(-_-;)
くわしくお聞きになりたい方は直接お答えしますので(^_-)

F:ところで今までで一番最高のスノーボードのシーンはどんなものですか?
M:ボードを始めて2年目の春にこもった長野県の駒ケ岳の千畳敷で、早起きして新雪をハイクアップして滑った時に眼下に広がる雲海を朝日が照らしていてあまりの美しさに涙を流しながら滑ったことは一生忘れられない思い出です!

F:これからどんな活動をしていきたいですか?
M:コブキャンプは出来る限り続けてゆきます。あとは、、何か変わったキャンプ考えたいですね~。今シーズンから始めた赤倉で立ち上げたスクールGrowing Project SSでスタッフを育ててゆきたい。あとは、、、自分にできることは何でもしてゆきたいですね)^o^(

F:全然、話変わりますが、もしスノーボードに出会っていなかったら、今ごろどんなことをしていたと思いますか?
M:う~ん、、、そうですね~小学生くらいの子供が2人いて、きっと上品な奥様!、、ではなく(^_^;)、、平凡な家庭の主婦で毎日バタバタと慌しく過ごしているんでしょうね~大人しくなんてしてないですよ!!町内会の世話役とかやってそう(^^)

F:最後に夢を。
M: ママさんバレーのチームに入っているのでもっと上達したい!旅館を継いだら、来てくれたお客さんにまた来たい!と思ってもらえるようにしていきたい!70歳くらいになってもボードで若い子連れてブイブイいわしてたい!いつまでも若く美しく)^o^(

●吉田美和ホームページ
http://www.asahi-j.co.jp/miwa/

●Growing Projectホームページ
http://www.growing-project.com/

LINEで送る
Pocket