DC5番目のライダーになれるか!/トースタイン・ホグモ

LINEで送る
Pocket

シモン・チャンバレン、クリス・ダフィシー、TJシュナイダーなど世界のトップ・ライダーが集結する真夏のキャンプCamp of Championsで一際目立つDCのライダーがいた。テストボードとわかるまっさらなボードにシンプルにDCステッカーを上下にドカンと貼り、DCパーカーを着る姿は、あきらかにDCライダーだ。

DCと言えば、スケートシューズ・ブランドとして名高い。今ではスノーボードのブーツ、ウェアーでも有名。そして今年1月のラスベガスのトレード・ショーで、ボード作りにも参戦を宣言しビックリさせられた。しかも、大物ライダーまでDCに移籍していたのだ。
デバン・ウォルッシュ、ラウリ・ヘイスカリ、イカー・バックストローム、アーロン・ビットナーという超大物ライダーばかり!

しかし、キャンプに現れたDCライダーは、その4人の誰でもない。いったい誰だろう・・・、ということでその晩、DCのwebサイトを見た。すると、アーロン・ビットナーと同じくアマチュアのページに、その人物を発見!ノルウェー出身のTorstein Horgmoとある。もしかしたらアーロン同様にすでにプロに昇格しているDC5番目のプロかもしれない。そこで早速、翌日インタビューを敢行した。


Interview & Photo by Fusaki Iida

まず名前だけどトースティンと呼んでいいのかな?

いや、トースタインだよ。T、O、Rだから、トアーと呼んでくれ。

トアーは、スノーボードどれくらいやっているの?

8年間だよ。

とてもうまいけどDCのプロ?

いや、まだアマチュアだよ。

今回、Camp of Championsに来た目的は?

もっともっとうまくなりたくて。
友達からキャンプの話を聞いて、来たんだ。

どうしてそんなにうまくなったの?

スノーボードが大好きで、夢中に楽しんだ結果かな。

いつも誰と滑っているの?

特に決まっていないよ。行ったところにいた気の合ったライダーと滑っている。

影響されたライダーは?

それは難しい質問だよ。ビデオを見て刺激を受けたライダーは多いからね。
もちろん母国ノルウェーのヒーローのテリエ(ハーコンセン)には憧れたよ。

レールもジャンプもとてもうまいけど、何が好き?

何でも好きだよ。そこに良い仲間がいて、天気が良くて、キッカーなりレールなりが良いコンディションだったら、楽しいなあ。とりわけジャンプはおもしろいと思っているよ。
バックカントリーの経験はあまりなく、冬にやる予定だったけど、ケガして行けなかった。きっとこれからバックカントリーも夢中になっていくと思うよ。

どんなケガだったの?

背中を骨折した。それほど深刻なものでなく、2、3ヶ月で復活できたけど。

好きなトリックは?

わからないな。うーん、何だろ。
おもいっきりデカく飛んで、ランディングがスムーズに決まったら気持ちいいよね。
レールならバックリップでボードが引っかかる感覚が気持ちいい。

DCのホームページで調べたのだけど、Air & Style(トラビス・ライス、ショーン・ホワイトなど最強ライダーがいる中、最年少で決勝まで進み9位)に出たんだね。他に大会は?

コロラド/ベイルのホンダ・セッション。そこで確か10位だった。
その後、ヨーロッパ・オープンに出たけど、そこでケガしたんだ。

日本に行ったことある? 日本人のライダー知っている?

いや、まだ行ったことないけど、ぜひ行ってみたいね。
ライダーもよく知らない。だけど、ここで会ったサチ(田中幸)は、とてもうまいよね。

将来はどんなライダーになりたい?

ずっと長くスノーボードが続けられるようなプロになりたいな。スノーボードが大好きだから。

トースタインの衝撃映像はPEAKの He’s good, eh?のコーナーにて。
みんなマジでビビると思います。お楽しみに!

トースタイン・ホグモ
TORSTEIN HORGMO

Age: 21  Birthdate: 18th Feb 1987
Home: Trondheim, Norway
Sponsors: DC, Oakley

Forward Stance: +9
Back Stance: -6

 

LINEで送る
Pocket