3往復eメール・インタビュー/トレバー・アンドリュー

LINEで送る
Pocket

ウィスラーに10年以上も住めば、そりゃあ何度かはトレバーを見る機会がある。だけど、なかなかいっしょに仕事をする機会がなかった。やろうと思っても、ビデオ撮影やら何やらで、逃げられてしまう。忙しいのは事実だが、なかなか約束をしてもらえない。そう、トレバーは自由きまま人なのだ。しかし、話すといつもナイス・ガイである。できればインタビューをしたいとずっと思っていた。ところが、やろうと思ったとたんに、いつも逃げられる。「今、ちょっと疲れているから」「また、今度戻って来るからその時にやろう」などなど。その約束はなかなか果たせれない。こうなりゃ意地で、とりあえずメールでやりとりすることにした。そうしたら、返答は遅かったけど、きちんと返してくれたのである。かくして、ここに強引にもインタビューを披露できることになった。メールのやりとりは3往復。このインタビューが、どこまでみんなの役に立つかわからないけど、やらないよりはマシだろう、って!? とりあえず、トレバーのイメージが伝わるようにそのままもらった英文も掲載。その英文には、なぜかピリオドや大文字がないのだった・・・。

フサキ(以下F):スノーボードを始めたのは何歳の時?
トレバー(以下T):10歳の時。

Fusaki: When did you stat snowboarding? How old were you?
Trevor: 10 years old

F:トレバーのエアーはメチャクチャ高い! 特にマックツイストが高いけど、どうやってあのマックを習得したの?
T:テリエを見て。

Fusaki: Your air is very big. Especially when I saw you at competition. Your mac-twist was imazing. How do you make such a nice mac-twist?
Trevor: watch terje

F:年間滑走日数は?
T:150日。

Fusaki: How many days are you snowboarding for one year?
Trevor: 150 days

F:一番のお気に入りの山は?
T:ウィスラー。

Fusaki: Where is your favorite mountain?
Trevor: whistler

F:オフ・シーズンは何をやっているの?
T:特に何もやっていないよ。パーティとか。

Fusaki: What do you do off season?
Trevor: nothing really,party

F:トレバーが生きていて、心の支えとなった人物は?
T:お母さん。弟。友達。

Fusaki: Who in your life supports you with your snowboarding care?
Trevor: my mom my brother,laura,my friends.

F:大会でモチベーションを上げるために、何をやる?
T:ヒップ・ホップを聞く。

Fusaki: When your in competition is there something that helps otivate you?
Trevor: hip hop

T:トレバーの精神状態がいい時って、どんなことやっている時?
F:笑っている時?

Fusaki: When your in good spirits what are you usually found doing?
Trevor: laughing

F:日本好き? 好き嫌いどっちにしろ理由を教えてほしいのだけど。
T:イエー、日本は世界中でも最もお気に入りの1つだよ。人々が最高! たくさん
の人がお互いを尊重し愛に充ちている。

Fusaki: Do you like Japan? If your answer is either yes or no please explain.
Trevor: Ya japan is one of my favorit places in the world. The people are the best, they have a lot of love and respect they give.

F:日本ではたくさんの人がトレバーのスタイルに挑戦しているけど、そのことについてどう思う?
T:僕にとってとてもクールなことさ。

Fusaki: Their is so many Japanese people trying your unique style of snowboarding,what do you think about that?
Trevor: Thats cool with me.

F:日本のどこでスノーボードをしたことがある? ベストな場所は?
T:ほとんどすべてのところに行ったよ。一番好きなのは北海道。

Fusaki: Where have you snowboarded in Japan? And where is your best place to snowboard?
Trevor: I have been all over.I really liked the north.hikydo

F:ライダーの中で尊敬しているのは?
T:J.P、テリエ、マイク・レバンク。

Fusaki: Who do you respect for rider?
Trevor: J.p,terje,mike leblank,

F:有名人で好きなのは?
T:トゥパック

Fusaki: Who is your favorite famous person?
Trevor: tupac

F:オリンピックに行くの?
T:たぶん。

Fusaki: Are you going to Olympic?
Trevor: Probably

F:なんであんまり真剣にストレート・ジャンプをやらないの? 東京ドームでのパフォーマンスを見ていると凄いのに。
T:僕のライフに真剣はなし。楽しいことが大事。自分がやりたいことをやるんだ。

Fusaki: Why are you not so serious about straight jump? Because your
performance at Tokyo Dome was amazing.
Trevor: Noyhing is seriouse in my life. Things are fun cause i do what i want

F:ジャンプを習い始めた人で、大切なことは?
T:ストレッチングをたくさんやること。転んでもケガしないように。

Fusaki: What is inportant things when people start to jump?
Trevor: strech a lot so it dos’nt hurt when you fall

F: それぞれのコツを教えてほしい。パウダー、ストレート・ジャンプ、クォーター・パイプ。
T:パウダーはただスピードに身を任せるように滑るだけ。ストレート・ジャンプは肩を真っ直ぐ、クォーターはあまりオーリーをかけないで、そのままスピードに任せて飛ぶこと。

Fusaki: Please give me some tips ( riding powder, straight air, quaterpipe).
Trevor: powder, just let it flow .strait air,keep your shoulders straight.quarter pipe,dont ollie to hard or you will land in the flat,let it flow

フサキ解説:
パウダーの身を任せるというのは、ボードが行きたい方向に逆らわずという気持ちが大切。自分からあまりコントロールしようとせずに、行きたいままにという。その意味が、英語のフロウになって現れていると思う。ストレート・ジャンプの肩をストレートはちょっと意味不明。ボード・ラインに両肩をストレートにということか?それとも片方の肩を下げずに雪面と平行にせよ、ということか。クオーターに関しては、あまりオーリーをかけると内側に戻ってボトム落ちするので、そのままスピード乗ってリップを抜けろという意味で、フロウを使っている。

 

F: 最後の質問。夢は?
T:それはビッグな質問だなあ。永遠にハッピーでいられること。日本語が話せるようになること。

Fusaki: Last quetion. What is your dream?
Trevor: thats a big question…..? to be forever happy,and to be able to speak japanese.

Sponsors: burton,oakley,analog,the circle,rocca wear
Birth:aug31st 1980

インタビュー後記:
今回のインタビューはみなさんから直接いただいたメール、掲示板によせられた質問により大枠を作成。さらに質問が少なかったので、無法掲示板地帯(?)2チャンネルにも入って質問を収集して、最終的には自分の判断で質問内容を決めた。結果的には、みんなの力でできたインタビューだったのだが、いかがだったろうか? 何かためになったかな? 今度こそはフェイス・トゥ・フェイスでやりたいなあ。

LINEで送る
Pocket