韓国で古くから活躍するプロ・ライダー/GGAMII

LINEで送る
Pocket

今月の登場人物は、韓国で古くからプロ・ライダーとして活躍するGGAMII(カミーと呼ぼう)。
韓国のスノーボード事情など聞いてみた。

フサキ(以下F):久しぶりだね!
GGAMI(以下G):久しぶりー!

F:今回ウィスラーに来た目的は?
G:ウィスラーに来て、トップ選手の技とか見て、韓国にレポートしようと思ったんだ。あと、カナダのフリースタイルのコーチ・コースの試験を受けて、これから韓国の若いライダーの育成をしようと思っている。

F:あいかわらず前向きな行動だね。今、向こうの業界の方はどう?
G:結構、盛り上がって来ているよ。関税の方も、今まで50%と高かったけど、現在は20%にもなったんだ。だから、いろいろなスノーボード・ブランドが入るようになったんだ。最近はフォーラムも入るようになったんだよ。バートンもディストリビューターが変わって、これからは結構出回ってくると思う。

F:なるほど。ところで韓国に帰ったら何をやるの?
G:ウィスラーには12月までいっぱいまでいて、その後はフェニックス・パーク(注釈:ソウルからアクセスできるスノー・リゾート)でスノーボード・パークの仕事をやるんだ。あとは、雑誌Thing(注釈:韓国のスノー雑誌)のレポーターもやるよ。

F:それじゃあ、ウィスラーのこととかもレポートしないといけないんだね。
G:うん、だからフサキに撮影の協力してほしいんだ。

F:まかせといて。今のカミーのスポンサーはどこなの?
G:ロショニョール、ボーン・ファイヤってとこがメイン・スポンサー。

F:もう、バートンはやめたんだ。ところで韓国もバートンが強いのかな?
G:確かにブランド・イメージは強いのだけど、実際は値段が高いから売れる数としたらロシニョールの方が多いんだよ。

F:日本のスノーボーダーの印象は?
G:日本のライダーは、とってもステイリッシュだと思う。あと、ここに来ている日本人のスノーボーダーたちはみんなフレンドリーで最高だよ。

F:最後に今後の活動を聞かせて
G:とにかくスノーボードのことをたくさん勉強していきたい。そして行動していきたい。韓国の人達にスノーボードの楽しさを伝えていきたいと思っているよ。

●編集後記
とにかく前向きなGGAMIIは、今後もグローバルに活動して韓国のスノーボードの業界を盛り上げていってくれそうだ。今度もDMKグローバルとは密に連絡を取り上げながら、グローバル・レベルにスノーボードの普及に努めたいと思う。

LINEで送る
Pocket