雪山の精霊に魂を盗られた男/加藤 高正

LINEで送る
Pocket

Text:Miho Suzuki

スノーボードを始めたきっかけは?
加藤(以下K):いろいろな事情で、以前、働いていた美容院を辞めたんですよ。その時人から「スキー場で働くとお金が貯まるよ」って聞いて、アルツ磐梯に行ったんです。でも最初はスノーボードやるたいわけじゃないから、全然滑らなかったんですよ。寒いの嫌いだし。

ひたすら仕事?
K:そうなんです。それで、ある程度お金も稼いで、じゃあ滑ろうかなあっと思って始めたんです。だけど、たった一ヶ月で怪我しちゃったんですよ。膝の靭帯切って、頭ばっくり割ってしまいました。それで仕事クビになって、そのシーズン終わり!

その時、スノーボード嫌にならなかった?
K:うーん、その時はやっぱりあまりやる気じゃなかったですね。

それでまた何でスノーボード人生を歩んだの?
K:アルツにいる時に、周りがスノーボードするためにニュージーランドに行くって騒いでて、初めてそういうことができるのを知りました。それでカドローナに行ったんです。

高正くんっていうとワンメイクのイメージが強いんだけど・・・
K:そうですね。もともとワンメイクしかやっていななかったんで、バックカントリーも行ったけど、結局はキッカー作って飛びまくっていました。だから、パウダー滑るとか、そういうおもしろいことを知ったのは、ホント最近のことなんですよ。

ほんっとにワンメイクが好きなんだね?
K:好きですね。飛べばいいもんだと思ってたから、コブでもギャップでもいいから、とにかく飛んでました。その結果、ヘルニアになっちゃったんです。やっぱり体鍛えないでやってたからですね。

その時はめげなかったの?
K:医者にも周りの人にも、もうスノーボードするのは無理だと言われました。でも、逆にそれで、魂に火がつきましたよ。だったら、オレはやってやるって思って。ボクの場合ヘルニアと言ってもほとんどヒドかったんですよ。それこそ、医者がビックリするくらい。手術するまで、歩けなかったんです。

もう完治したの?
K:いや、治ってないですよ。今もずっと痛みと格闘しながら滑っています。筋トレやりながらね。

そこで精神も鍛えちゃったのかもしれないね。で、復帰したのはいつ?
K:本格的には次のニュージーランドです。パイプができなきゃダメだと思って、またカドローナに行きました。だけど、ワンメイクもやっぱりやりたくて、結局半々になっちゃっいました。

去年の冬は体大丈夫だった?
K:ダメでしたね。先シーズンは、初めてまっとうにシーズンを過ごしたけど、地区大会の二日前に腰やってしまって、一週間歩けなくなりました。

そう、今でもケガとの戦いだね。あっ、それでこの前、ヘリコプターで運ばれたんだ?
K:あれは違います。テーブルを見た時に、今日はリップが反りあがっているな、って思ったんです。だから、最初バックフリップやって、まったく踏み切らないで抜けたんです。そしたら、思ったよりもマクレていなくて、頭の方から爆死! 初めてヘリコプターに乗っちゃいました(笑)。

じゃあ、高正くんがまずエアーする時に下見はバックフリップだ、って決めてたことがアダになってしまったってこと? 前から不思議だったんだけど、何でそんなルール作ったの?
K:ワンメイクで一番の自身があるエアーが、ベーシックよりもバックフリップなんです。バックフリップには絶対の自信があるので、それで自分をアピールしたいんです。それが自分の魅せれる技だと思っているんで。

今後の課題は?
K:スノーボードをずっと楽しくできたらいいな、って思っています。早く魅せれる滑りがしたいですね。

ライバルとかは?
K:同じ目的を持ってる人はみんなです。

最後に、これだけは言っときたいことってある?
K:筋肉をつけよう! あと何で彼女ができないの?ってこと(笑)。まっいいんですけど(笑)。とりあえず、俺のスノーボードを見て、魅せられてください!!

一見シャイでちょっとクールな高正。そんなところが彼を大人っぽく映しているのだろうが、スノーボードのこととなるとそうはいかない。新しいオモチャを手にした子供のように無邪気で、彼の好奇心はつきることを知らない。

昭和49年7月17日
スポンサー:スクーター、サンバレー、タウバート、レストランDON、福寿堂

●このインタビューは、SNOWing1998 new comer file 27として掲載されました。

LINEで送る
Pocket