燃えろ爆弾小僧!/井上智秀

LINEで送る
Pocket

日本列島これからどんどん暑くなるけど、この男はかなり熱い!今回は、dmkが期待する若獅子、トモこと井上智秀が登場だ!
スノーボードに傾ける情熱は、誰にも負けないものがある。まだまだ荒削りで「見ちゃいられない!」ってこともあるけど、勢いだけは天下一品。この勢いでここ1、2年、念願だったHeart Filmsとの撮影に参加し、スポンサーも獲得し、頭角を現して来た。

今回はトモを応援する意味も込めてのインタビューだ。燃えろ爆弾小僧トモ!気持ち良く語って自分のプレッシャーにして、来季の糧とせよ!

Photo by Tenpei & Fusaki
Interview by Fusaki

今季を振り返って、どんなシーズンだった?

スノーモービルを使ってのウィスラーのバックカントリーに一からの新しい挑戦し、一段とスノーボードもメンタルも山の知識も体も鍛え上げられ、スノーボードが好き!という気持ちを再確認できたシーズンでした。

モービルは運転すること事態が、結構、大変だったと思うけど。

右も左も乗り方もわからない状態で。ゲレンデでを走っているのを見る限りでは、かなり簡単で便利なものですが、裏山ではそうはいきませんでした。 大変だとは聞いていたが、ここまで大変と何回
思ったか・・・。 最初はスノーボードができず、モービルでいっぱいいっぱい。 行く度に体はバキバキに、行く度に怖い思いも。 それでも、山に行きました。繰り返して、繰り返して
やっと山頂に上がれたあの日の見た景色とスノーボードができた時の喜びは、一生忘れないと思います。

Heart Filmsでの撮影はどうだった?

今年は、去年よりもHeart Filmsの人といっしょに滑れたし、撮影もできました。 スノーボードで同じフィールドに立てたことは、最高に嬉しいし、頑張る気力が増しました。 でも、納得ができる撮影はできませんでした。結局は、スノーボードの上手さやカッコ良さ、そしてスノーモービルのスキル、すべてにおいてメンバーとは実力の差を感じました。

でも、へこたれません!今年、自分の中で再確認できたこと。スノーボードが好き!だから、上手くなりたい!だから、カッコよくなりたい!だから、ボードで飯が食いたい!だから、もっともっと練習したい!そんな気持ちでいっぱいです。
今年様々経験したことを感じて来たことを糧に、来シーズンもう一度ぶつかっていくような気持ちで挑戦したいと思います。

普通、まずはスポンサー取るとか、プロ資格を取ろうとか、考えてしまうものだけど、トモはいきなりハートに向かっていった印象があります。そのハングリー精神ってどこから来るのだろう?

正直言うとどこからかその気持ちが来たのかわかりません。ただ、忠くんに会っていっしょに滑ったことがきっかけだったのは間違いないと思います。最初はうまくなりたいという気持ちで、スノーボードをやり、次に見えてたのがHeart Filmsでした。正直言うとスポンサーは二の次って感じでした。
もちろん日本でいうプロ資格っていうのを取得するのもいいと思います。が、僕の中でしっくりこないんですよね・・・。プロになってもボードで飯食えないとプロじゃないと僕は思います。なのでプロ資格にこだわりはなかったんですよ!
プロ集団のHeart Filmsは、僕の中でかなりの魅力なんです。だから、Heart Filmsにぶつかって行ってるんだと思います。

今後、トモの課題は?

簡単に言うと自分に勝つ!というところですね。
自分は、ネガティブの性格じゃなく完全にポジティブなんですよ!
確かに落ち込むこともあるけれど、落ち込むだけ落ち込んですぐ這い上がれますし(笑

ただ、スノーボードのトリックや大きなローケーションでの撮影なると、緊張と恐怖心になかなか勝てないんです。
また、有名なライダーと滑る時の小心さなど・・・。毎年少しずつ進歩はしているのですが、いまいちなんですよね。
イメージができて、いざやる時にビビる自分が大嫌いやし、できることも怖いと思う自分もいます。
そこをどうにか改善していくのが一番の課題。メンタル面の強化もこれからやっていかなかねればいかん、と考えています。

忠くん(布施)といっしょに滑り、いろいろ習得することもあったと思うけど、どうだった?

いや~いつもなんですけど、忠くんに久々に会う時は緊張というか構えるというか・・・。
仲良くしていただいてもなぜか構えているんですよね。オーラ凄いんですよ。

スノーボードしている時は、見ていても気持ちええくらいごじゃ楽しく滑るし、激しいし!!
でも、今年は昨年よりも夏の仕事で体力もついて前よりも近い場所で滑ることができ、いっしょに滑ってる最中に、あーだのこーだの話しながら、滑れたのが良かったです。

また、自分から忠くんの前を滑ろうとしたことも凄く良かったです。
いつまでも追いかけるばかりじゃ、滑りをアピールすることすらできないですし。

自分でもまだまだスキル不足やとわかっています、でも、少しづつ上手くなっているのもわかるので、かなりよい経験をできました。

ところで、元々カナダに渡った理由は?なぜ、カナダという場所でスノーボードをやろう、と思ったの?

まず親父の一言ですかね!「日本でやるくらいなら、本場の北米でスノーボードをやってこい!」
その親父の一言でカナダに来ました(笑)。それからカナダの魅力の虜になってしまいました。

来るべき09-10シーズンは、どんな目標で挑みますか?

まずは、Heart Filmsでしっかりパートを残す。
スノーボードの技術向上、大会参戦、海外ライダーとの交流、日本での活動、スノーモービルの技術向上、メンタルの強化、人としてビッグになること。自分を磨き、たくさんの人達に見て頂ける用に行動することです。
一言で言うと「ガムシャラ」ですべてを望みます。

将来、ハートでパートを取ったら、次の目標は?
また、最後に夢を教えてください。

 
Heart Filmsのラストパートを撮り、次にウィスラー・ローカルのDVDでもあるSandboxでラストパートを取ることですね。
そこまでやれてやっと次に進める気がします。
 
夢ですか~夢はないんですよね。
僕の中では、夢じゃなくてすべて目標なんですけど、何十年後には、横乗りのスポーツに囲まれ、大自然の中で毎日笑顔で過ごせる家庭を持つことです。
あと、ここ何年後にはアラスカに行きスノーボードをすることです!これは、近い目標ですけど。


井上智秀ブログ
http://blog.livedoor.jp/none0930/

LINEで送る
Pocket